2017年 05月01日 (月曜日)

カテゴリー

« 八箇峠道路の早期供用を 上沼地域快速道路十日町六日町間協議会 | メイン | 病院問題で議論を混乱させるな 泉田知事が記者会見で懸念を表明 »

市民8班が様々な構想を発表 市街地活性化に向け最終ワーキング

110610_01.jpg

 十日町市の中心市街地活性化基本計画策定に向け、事業内容を検討する市民ワーキンググループの全体発表会が5日、十日町商工会議所多目的ホールで開催された。5回目のワーキングとなるこの日は、8班に分れて計54人のメンバーが検討を積み重ねてきた集大成の初の全体発表会となった。各班は「行動計画」を簡潔にまとめプレゼンを行い、参集者からのアドバイスを加え最終発表した。これら発表内容は十日町青年会議所主催の市民討議会発表内容と合わせて市関係部局でさらに練り上げた後、基本計画の素案として9月頃に提示しさらに練り上げ、国認可要件となる「まちづくり会社」設立や「活性化協議会」設立を経て基本計画を固め、今年度末までの国指定を目指す流れとなる。
《本紙6月10日号1面記事より抜粋》

十日町新聞6月10日号は・・・・・
▼節電エコポイント事業を実施へ 関口市長が定例会見で発表
▼十日町市第2次緊急経済対策 プレミア20%商品券等に総額1.3億円
▼品質・味・生産量、日本一の工場に ゆきぐに森林組合ナメコ第2工場完成
▼デマンド型乗合タクシー 十日町市交通空白地解消計画
▼県立病院会計24年ぶりの黒字 十日町と松代両病院も黒字
▼つながれいのち笹山の大地で 盛大に第12回じょうもん市開催
▼関口美輝さん(十小6年)がアメリカに そろばん訪米使節団の一員として
▼音楽を通して元気を届けたい 十高吹奏楽部が19日に伝統の定期演奏会
▼<県展>樋口牀季氏が書道で、桑原善一氏が写真で奨励賞  など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS