2017年 02月24日 (金曜日)

カテゴリー

« 田川の護岸崩落、9世帯に自主避難呼びかけ | メイン | 【水害情報】61世帯168人に避難勧告、高齢男女2人が行方不明 »

夏を彩る風物詩・石彫シンポ開幕 横山、塚本、伊藤の3氏が制作

110730_01.jpg

 十日町市の夏を彩る風物詩として定着した「第17回十日町石彫シンポジウム」の開会式が29日午前9時から、十日町市総合体育館1階で行われた。前日からの豪雨のため、17回目にして初めて開会式は屋内で行われた。開会式には来賓として関口市長、尾身県議らが出席し、十日町市芸術協会員など実行委員会メンバー、石彫ファンの市民などが多く参加した。来賓による激励の挨拶、作家紹介、テープカット、ノミ入れ式で石彫シンポジウムはスタートを切った。会期は29日から8月20日までで、3体の作品が完成され、2体は本町2丁目に、1体は駅西通りに設置され、石彫作品は合計で77体となる。
(写真:石彫シンポの開幕を告げるテープカット)
《本紙7月30日号1面記事より抜粋》

十日町新聞7月30日号は・・・・・
▼田川増水で5世帯12人に避難勧告 市内各地で土砂崩れ、床上床下浸水
▼十日町、津南は対象外に 東北電力の計画停電運用
▼新卒求人数7月末で2割減か 十日町地域高校生求人説明会
▼小川信子さんが日本最大の俳句結社ホトトギス同人に 
▼小倉百人一首で全国高校文化祭に 中村俊太さんが十日町市から初出場
▼船坂神社にご本尊を寄進 盗まれたご本尊に代え開眼供養
▼復興に向け笑顔と元気を 津南まつりに昨年上まわる6500人の人出
▼友好交流都市の韓国驪州郡の金郡守が来町 まつりで町民と親交深める
▼巨大つるし雛を津南町に (株)京佑の北野晟会長が寄贈
▼森田佳子さん、根津万寿夫さん、ソムラビRYOさんが市に義援金 など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS