2017年 06月25日 (日曜日)

カテゴリー

« 市長マニフェストを5段階に評価 関口市長と十日町JCが | メイン | 移住者の一年を追って 津南町が移住促進DVD制作 »

十日町市美術展が15日開幕 8部門302点の力作を展示

111015_02.jpg 111015_01.jpg

 十日町市主催の第44回十日町市美術展(市展)の審査が12日、展示会場となる市民体育館で行われ、市展賞をはじめとする各賞が決まった。今回の市展には235人から、日本画(14点)洋画(57点)版画(13点)現代美術(34点)彫刻(18点)工芸(25点)書道(34点)写真(107点)の8部門に合わせて302点の応募があった。審査の結果、市展賞には日本画・佐藤由雄(小千谷市)洋画・原進(稲荷町3北)版画・羽鳥吉夫(浅ノ平)現代美術・村山三智男(高田町3西)彫刻・古川憲(長岡市)工芸・星名好男(川治下町第2)書道・大津幸一(新座第3)写真・小坂幸平(稲荷町西)の各氏が受賞した。市展は15日から18日まで開催され、初日の15日、午前9時から市民体育館で表彰式が行われる。
(写真左から:市展賞に選ばれた原さんの洋画と羽鳥さんの版画)
《本紙10月15日号1面記事より抜粋》

十日町新聞10月15日号は・・・・・
▼<津南町議選>1人超過の少数激戦か 説明会に現職13人、新人4人
▼盛大に第35回生誕地まつり 灯篭流しは豪雨災害でキナーレに変更
▼牧草などからセシウム検出 県営妙法育成牧場、放牧を中止
▼住民の合意形成で条例制定を 牛山明大教授が市民参加の必要性を説く
▼十日町ゴルフ倶楽部が設立50周年 記念コンペと式典を挙行
▼クラシックカーが秋の里山を疾走 ラ・フェスタ アウトゥーノが市内を通過
▼吉田アベック優勝で好スタート 県中学校中越駅伝
▼闇夜に幻想的な和紙の灯火 伊沢和紙ほたる公募に計48作品
▼土器片発掘に歓声 笹山遺跡で中条小児童が発掘体験
▼元勤務先の窓ガラスを割る 四日町新田の男性逮捕 など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS