2017年 10月17日 (火曜日)

カテゴリー

« 着物の「リメイク」と「NAVI」が上位に トオコンseason2 | メイン | 我々の方向性に揺らぎはない 関口市長が年頭訓示 »

スマッシュ連発で元旦から汗 川西元旦卓球

120105_02.jpg

 「寒さに負けず頑張ろう」を合言葉に第27回川西オープン元旦卓球大会(市卓球協会主催)が1日、川西総合体育館で開催された。
 大会は国体の現役選手ら強豪も参加して行われ県内をはじめ奈良、東京、埼玉、山形からも駆けつけ熱戦を展開した。
 会場いっぱいに24台の卓球台が並んだ競技場は壮観そのもの。大会はまず予選リーグが開かれ、成績ごとに振り分けられ、決勝トーナメントが行われた。
 川西中学1年の高橋実希選手は「色々な選手のプレーを見ることができて参考になります。一つでも多く試合をしたいので1位通過を狙っていたけど、それが叶わず悔しいです。今日は見たいテレビ番組も録画して試合に臨みました」と話していた。
《本紙1月5日号3面記事より抜粋》

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS