2017年 06月25日 (日曜日)

カテゴリー

« 創立55周年記念式典を挙行 十日町JC総会で山田新理事長 | メイン | 豪雪で十日町市など6市に災害救助法を適用 »

「十日町市の憲法」制定作業がスタート

120125_01.jpg

 「十日町市の憲法」と言われる自治基本条例制定を目指した「とおかまち流まちづくりの条例を考える会」の第1回の会合が21日、市役所本庁舎で開催された。条例は自治体における基本的なルールを地域で決めるもので、今までの自治体行政の在り方を見直し、市民参加や協働の街づくりによって30年後を見据えた政策を推進していくことにしている。市では昨年8月から全国各地の自治基本条例制定に関わり、条例に精通している牛山久仁彦明治大学政経学部教授を講師に招いて基調講演やシンポジウム、各地域での勉強会を開催して準備を進めてきた。この日の会合では公募委員、各団体の代表者らが参集して十日町市の未来像を語り合い、条例制定に向けた作業をスタートさせた。
《本紙1月25日号1面記事より抜粋》

十日町新聞1月25日号は・・・・・
▼中心市街地活性化に積極的に取り組む 十日町商工会議所が年賀交歓会
▼住民視点で26年間の津南町財政まとめる 十日町津南自治研が財政白書発刊
▼応募総数は5割増の65人に 第1回十日町きもの女王コンテスト
▼まんまの前菜「温故知新」を発表 松之山温泉合同会社まんまが
▼市内で初の野菜ソムリエ資格取得説明会 関心集め60人が参加
▼世田谷区子どもまつりに雪30トン 松代地域からプレゼント
▼入会式のYCE来日生歓迎会 川西にいがたライオンズクラブ
▼東の横綱は佐藤信一さん 名物行事「松代大相撲」千秋楽
▼空前絶後の「夢の響演会!」 上野寄席楽習、3師匠の名人芸に酔いしれる
▼「あやまんJAPAN」が出演 十日町雪まつりオープニングフェスタ など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS