2017年 06月25日 (日曜日)

カテゴリー

« 豪雪で十日町市など6市に災害救助法を適用 | メイン | 養殖スジエビを使った極薄焼煎餅発売へ 関口市長が定例会見で発表 »

市内全域に災害救助法を適用 2年連続の豪雪、降雪累計10m超え

120205_01.jpg 120205_02.jpg

 連日の降雪により多数の住家に被害が生じる恐れがあることから新潟県は1月31日、災害対策基本法に基づき十日町市全域に対し災害救助法を適用した。また県は同日、豪雪警戒本部を格上げし、泉田知事を本部長とする「豪雪対策本部」を設置した。これを受け十日町市は同日午後2時に、市豪雪対策本部を格上げし「市豪雪災害対策本部」を設置した。同日午前9時現在の市内5カ所の指定観測所の平均積雪深は325センチに達し、連日の降雪により市民生活に重大な影響が出始めていた。災害救助法適用により応急対策として、主要国県道市道の除排雪や雪崩危険箇所の監視体制強化に加え、市では「要援護世帯の屋根融雪に係る燃料代等への助成」「町内委託除雪等の負担軽減」「市の排雪場所への屋根雪・駐車場雪の受入れ」などの応急対策を示した。
(写真左から:積雪が4mを超えた土倉集落、倒壊した鉢集落の民家)
《本紙2月5日号1面記事より抜粋》

十日町新聞2月5日号は・・・・・
▽<津南町>県災害救助条例を適用 役場内に豪雪対策本部設置
▽鉢で空家同然の民家が倒壊 県外所有者が今年1度も除雪せず
▼常在戦場、常に災害への備えを 第27回雪シンポジウムin十日町
▼新文化ホール建設地は振り出しに 県が土砂災害調査結果を説明
▼雪害事故を未然に防げ! 十日町警察署に「豪雪災害警戒隊」
▼愛称は「越後妻有おみやげ館」に クロス10新お土産売場
▼悪徳弁護士の実態を暴く 白川勝彦氏が新書を発刊
▼佐藤友樹が2年連続全国制覇 インターハイ・スキー大会
▼本選会出場者12人決まる 第1回十日町きもの女王コンテスト
▼また雪下ろし中の事故 稲荷町3丁目の男性が死亡 など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS