2017年 06月29日 (木曜日)

カテゴリー

« 養殖スジエビを使った極薄焼煎餅発売へ 関口市長が定例会見で発表 | メイン | 十日町病院の敷地調査と設計に予算計上 県24年度当初予算案 »

連続豪雪を乗り越え17日に開幕 第63回十日町雪まつり

111130_01.jpg

 白い愛の祭典「第63回十日町雪まつり」が17日から19日までの3日間にわたり開催される。未曾有の災害続きだった昨年。メインイベントの雪上カーニバルの雪像ステージは復興と都市の安全のシンボルとして、古代ギリシャの「パルテノン神殿」をモチーフに幻想的な雪舞台「復興への願いを 天空からの啓示」を製作する。2年連続の災害救助法適用と豪雪に見舞われ市民は除雪作業で疲弊しているが、「雪まつり発祥の地」の誇りを胸に着々と準備が進む。積雪量に不足は無く、昨年を上回る雪の芸術作品がエントリーされており、美しい雪での大胆な芸術作品が期待される(4面に関連記事)。また今年からミスコンが一新され「第1回十日町きもの女王」コンテストが開催され、初代女王の選出が行われるなど話題も豊富だ。
(写真:雪像ステージの完成イメージ)
《本紙2月15日号1面記事より抜粋》

十日町新聞2月15日号は・・・・・第63回十日町雪まつり特集!
▽雪まつりの原点を匠の技で伝え 雪の芸術展、35作品がエントリーし覇を競う
▽市民手づくり“おまつりひろば” 25会場で趣向凝らした多彩な催し
▼一般会計は334億5800万円 十日町市が新年度予算案を発表
▼雪庇や空家除雪対策も要望 衆議院災害対策特別委が豪雪視察
▼県新年度予算に十日町病院建設 後援会松代支部語る会で関口市長が手応え
▼洋菓子全国コンクールで金子さんが優勝 イタリアで飴細工作りを披露
▼夢雪隊とスコップが合同ボランティア 市内高原田の民家で除雪作業
▼一面銀世界で雪遊び満喫 やまて中条交流で岡山の児童が来市
▼大型ロータリーに巻き込まれ 県道除雪中に男性作業員が死亡 など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS