2017年 02月25日 (土曜日)

カテゴリー

« 中里小出で雪崩発生 小屋1棟全壊、男性負傷 | メイン | コミュニティの再構築が重要 関口市長が震災1年で復興の課題語る »

コスプレパレードに市民が声援 第1回とおかまちアニメフェスティバル

120315_02.jpg

 「第1回とおかまちアニメフェスティバル」が10日、毎月10日に開催されている商店街活性化イベント「とおか市」に合わせて行われた。
 同日は中心商店街を会場として、「アニメ同人誌即売会」、アニメやゲームキャラクターを装飾した車「痛車」の展示、コスプレパレード、アニソンDJスタジオなどのイベントが繰り広げられた。
 痛車は若者に人気で、分庁舎駐車場とラポート駐車場に8台が展示され、痛車ファンがカメラに収めていた。
 同日に一番人気を呼んだのが「コスプレパレード」で、県内各地からの参加も含めて60人がアニメやゲームのキャラクターに扮装して、午後2時から商店街をパレードし、アーケード内で多くの市民が声援を送っていた。
 午後5時からはラポート十日町に会場を移し、「アニソンDJスタジオ」が開催された。エフエム新潟の上村知世アナの司会により進行され、コスプレ・パレードに参加した代表12人によるコスプレグランプリの選考会、新潟市のメイド系アイドルであるアフタースクール・カフェから3人のアイドルが出演してのライブ、人気DJのやついちろうと地元DJによるクラブイベントで盛り上がった。
(写真:人気を博したコスプレパレード)
《本紙3月15日号2面より》

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS