2017年 12月12日 (火曜日)

カテゴリー

« コミュニティの再構築が重要 関口市長が震災1年で復興の課題語る | メイン | 建設地は2箇所併記、600~800席規模 市文化ホール検討委が答申 »

総務部長に高橋氏、産業観光部長に大津氏 十日町市人事異動

 十日町市は14日、今月31日付けと来月1日付け人事異動を内示した。部長級では高橋勝芳財政課長が総務部長に、大津善彦企画政策課長が産業観光部長にそれぞれ昇任する。また議会事務局長には宮正朗地域中核病院建設推進室長が就任。中央から出向している山岸航産業観光部長は現職にとどまる一方、中心市街地活性化担当となり、基本計画作成と国の認可に向けて全力を注ぐことになる。また同じく中央から出向している柴田芳雄建設部長も留任する。退職者総数42人に対して新採用は9人で、総職員数は601人から33人削減され568人となる。
《本紙3月20日号1面記事より抜粋編集》

十日町新聞3月20日号は・・・・・
▼建設課長に石橋氏、総看護師長に樋口氏 津南町人事異動
▼消防長に山田秀和司令長を起用 広域事務組合人事異動
▼善光寺地震は都市型災害だった 市博物館友の会が研究成果を発表
▼今年着工の魚沼基幹病院 運営財団法人に十日町市200万円出資
▼津南中等教育学校で初の卒業式 8割余が4大進学、東大・京大合格者も
▼楽しみながら立派な奉仕を 皇居勤労奉仕団結団式、震災後初の派遣
▼塾長はノーベル賞受賞・白川英樹博士 ソニー教育財団が当間で子ども教室
▼放射線測定器の貸出し4月から開始 市議会全員協で担当課が説明
▼14年間、十小児童の登校の安全守る 交通安全指導員・生越さんの卒業式
▼伝統受け継ぎ、初の全国へ 創部2年目の津南小リコーダーサークル
▼再会願いサケ稚魚を放流 飛渡第一小/今冬の県内死傷者は354人に など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS