2017年 12月16日 (土曜日)

カテゴリー

« 南魚沼工区工事再開は来春以降に 八箇峠トンネル爆発事故 | メイン | <県知事選>泉田氏が3選、75万票獲得し圧勝 »

十日町市美術展が開幕 8部門279点の力作を展示

121020_01.jpg 121020_02.jpg 121020_03.jpg

 十日町市主催の第45回十日町市美術展(市展)の審査が17日、展示会場となる市民体育館で行われ、市展賞をはじめとする各賞が決まった。今回の市展には230人から、日本画(11点)洋画(53点)版画(9点)現代美術(34点)彫刻(9点)工芸(17点)書道(35点)写真(111点)の8部門に合わせて279点の応募があった。審査の結果、市展賞には日本画・内山美恵子(小千谷市)、洋画・根津一良(尾崎)、版画・松本山丹(中島町)、現代美術・中豊和(稲葉)、彫刻・庭野雅弘(田中町本通り)、工芸・村山大介(伊達3)、書道・西潟浩平(福島)、写真・田口正樹(木落)の各氏が受賞した。市展は20日から23日まで開催され、初日の20日、午前9時から市民体育館で表彰式が行われる。
(写真左から:洋画、現代美術、工芸の市展賞作品)
《本紙10月20日号1面記事より抜粋》

十日町新聞10月20日号は・・・・・
▼<県知事選>守りから攻めの4年間に転じる 現職の泉田氏が街頭演説
▼盛大に第36回生誕地まつり開催 駅通りに「ウェルカム屋台村」を新設
▼一般市民参加は11会場で441人 まちづくり条例素案の市民説明会
▼元消防司令長・平野啓介さんに瑞宝双光章 危険業務従事者叙勲
▼星野敏也氏に関東管区表彰 運転管理者として交通安全功労
▼「井川純一を応援する会」が設立 五輪目指す井川選手が決意表明
▼4年後のリオでメダルを目指す パラリンピック・樋口政幸選手が母校で講演
▼川治小の庭野仁君が県知事賞 県発明工夫模型展
▼調理師会が「笹おにぎり」を指導 倉俣小5、6年生が新米使い初挑戦
▼食品衛生協きのこ鑑別講習会に180人参加/市内上山で震度4 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS