2017年 09月20日 (水曜日)

カテゴリー

« 津南町副町長に村山前総務課長 町議会が満票で同意 | メイン | 十日町市美術展が開幕 8部門279点の力作を展示 »

南魚沼工区工事再開は来春以降に 八箇峠トンネル爆発事故

121015_01.jpg

 今年5月に発生した南魚沼市欠之上の八箇峠トンネル爆発事故について調べている国土交通省北陸地方整備局の事故調査検討委員会は13日、湯沢町で第2回会合を開いた。会合に先立ち、委員7人が事故後初めてトンネル内部に入り、爆発による坑内の傷みやガスの湧出状況などを調査、会合では事故原因や冬期間の換気対策などについて話し合った。事故により中断している工事の再開について同局の橋場克司局長は「事故調の意見を参考に、十分安全対策を図った上で準備を進めたい。当初予定していた平成29年の全体開通にできるだけ遅れないよう努力していく。工事再開は来春以降になる」と見通しを示した。
(写真:トンネル内のガス発生現場・北陸地方整備局提供)
《本紙10月15日号1面記事より抜粋》

十日町新聞10月15日号は・・・・・
▼中里にいがたLCが結成20年 盛大に記念式典、記念事業も実施
▼吉田沙保里選手に国民栄誉賞 11月授与か、女子レスリング界を13連覇
▼<生誕地まつり>世界平和を祈り灯篭流し 豪雨災害乗り越え2年ぶりに大池で
▼高さ5.5mの「ワラの大仏」登場 大地の芸術祭の里「越後妻有2012秋」
▼NPOにぎわいが「にぎわいセッション」 まちづくりの夢と想いを語り合う
▼30日運航開始に備え連携訓練 県ドクターヘリと十日町消防署
▼吉田がアベック優勝、男子は大会新、女子はV4 中越地区中学校駅伝大会
▼川治小、南中の標語がのぼり旗に 安全なまちづくり旬間で制作
▼バーベキューしながらサッカー三昧 クロアチアピッチとクラブハウスを活用し
▼小林寅雄旧川西町議会議長が逝去 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS