2017年 05月01日 (月曜日)

カテゴリー

« <県知事選>泉田氏が3選、75万票獲得し圧勝 | メイン | 環境大賞にまつだい棚田バンク 住み良い町づくり妻有SC表彰 »

衆議院の解散は来年以降 筒井代議士が国政報告会

121230_01.jpg

 民主党の筒井信隆代議士は28日夜、市内高田町4の天理教中魚沼分教会で国政報告会を開催した。昨日召集の臨時国会の焦点となっている衆議院の解散時期について筒井代議士は「解散は来年に入ると確信している」とし、「民主党政権が崩壊するとわかり切っている解散を野田総理がそんなに早くするはずがない」「衆院の1票の格差について最高裁の判決が確定した。是正しなければ憲法違反。ゼロ増5減法案を国会で成立、小選挙区の区割り変更等には3ヵ月以上かかる」と理由を述べた。また、消費増税については「実施される再来年4月までに景気回復の目処が立たなければ増税は延期すべき」と強調、低所得者対策は「給付付き税額控除が一番公平」と考えを示した。
《本紙10月30日号1面記事より抜粋》

十日町新聞10月30日号は・・・・・
▼十日町市の“新名物”を決めよう 市民投票と首都圏女性評価で選出
▼十日町市中心部も高線量 原子力規制委が放射性物質拡散予測を発表
▼平成27年までに運営主体を決定 県が十日町病院整備基本計画発表
▼個室型特養29床等を増設 なかさと福祉会が七川荘と一体的に
▼近年最多の200尾超のサケ遡上 宮中ダム魚道、300尾に迫る勢い
▼佐平治翁の遺徳を偲ぶ 秋山郷で佐平治まつり、来秋に映画製作へ
▼自然に学び自然な演劇を 旧白倉小で役者の卵が合宿
▼扇踊会が45周年記念舞踊公演 秋の一日を800人が楽しむ
▼発表会にファン多数 邦楽を楽しむ会、フラメンコ教室「ソイ・ヒターナ」
▼郷土史家・上村政基氏が逝去 など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS