2017年 02月24日 (金曜日)

カテゴリー

« 十日町市議選・開票結果 | メイン | レスリング五輪存続署名は4万人超える »

市長選は現職の関口氏が圧勝 7割超の得票、新人の樋口氏は惨敗

130425_01.jpg

 任期満了に伴う十日町市長選挙が21日に行われ、即日開票の結果、現職の関口芳史氏が新人の樋口明弘氏に圧勝し、2期目再選を果たした。関口氏は投票数の7割を超える2万6939票を獲得、9059票の樋口氏に大差を付け再選した。当日有権者数は4万8239人、投票率は76.2%と、投票日当日の降雪もあり1万1482人が棄権し、83.78%だった前回選挙を7.58ポイントも下回った。無効票も756票に上った。
(写真:再選を喜び万歳する関口氏)
《本紙4月25日号1面記事より抜粋》

十日町新聞4月18日号は・・・・・
▽選ばれて住み継げる十日町を実現 喜びに沸く関口陣営
▽主張を理解頂けなかった 敗戦の樋口明弘氏
▽次の4年間に全力で取組む 一夜明け関口氏が職員訓示と会見
▽【市議選】激戦の末、新市議26人決まる 現職2人、新人3人が涙を呑む
▼<津南町>「苗場山麓ジオパーク」を正式名称に 来年3月のジオパーク申請目指す 
▼子供たちに自然の大切さ伝え 水土里ネット川西が全国土地改良表彰で大賞受賞
▼新成人のきものパレードなど新企画 第37回きものまつり実行委
▼全体売上6%増の1.2億円超に まるせん春の大売出しで抽選会
▼あ、クマだ!と思ったら・・・ 市街地近くにも出没、正体は?? など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS