2017年 03月30日 (木曜日)

カテゴリー

« 自民、民主が議席分け合う 参院選新潟選挙区 | メイン | 4年間で基金運用益5億円、新財源30億円創出 十日町市  »

JR飯山線リニューアル構想を提言 新潟経済同友会が関口十日町市長へ

130801_01.jpg

 新潟経済同友会(池田弘筆頭代表幹事、会員約280人)の平成25年度夏季セミナーが7月26、27の両日、ホテルベルナティオで開催された。同席で池田代表幹事から関口芳史十日町市長に対し「JR飯山線のリニューアルによる地域活性化戦略」提言書が提出され、大きな注目を集めた。北陸新幹線と上越新幹線を結ぶ飯山線を広域的な通年観光に耐えられる路線とすべく、高速化に向けた全線電化とそれに伴う全面改修、運行本数増加を実現するよう、JR東日本に対し要望することを十日町市長に提言した。提言書を受けた関口市長は「大いに力を頂いた。JRとの交渉に全力であたっていく」と同提言をJRに強く要望する意向を示した。
(写真:関口市長に提言書を手渡す池田代表幹事ら)
《本紙8月1日号1面記事より抜粋》

十日町新聞8月1日号は・・・・・
▼第19回十日町石彫シンポ開幕 3人の作家が18日まで公開制作
▼越後田舎体験に信濃川ラフティング 危険なテトラポットの除去が成果
▼暑さに負けず交通安全 夏の交通事故防止運動、郡市内各地で啓発活動
▼松代射撃場の改修工事が完成 猟友会の技術向上・若返りと観光に寄与
▼世界選手権大会に向け強化合宿 塩之又道場で全日本女子レスチームが
▼医師確保のきっかけに 十日町中魚医師会が東京から研修医受入れ
▼池田貴将選手(日本文理)が甲子園へ 南中出身、強打で親子二代の夢叶う
▼<県中学卓球>連覇ならずも意地見せ準優勝 南中男子団体、5日から北信越
▼「チチを撮りに」主演の柳英里紗さんが舞台挨拶 縁の十日町で中野監督と共に
▽連載・十日町石彫シンポ作家紹介(上)―北島一夫さん― など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS