2017年 06月29日 (木曜日)

カテゴリー

« 世界遺産の富士山を雪像舞台に 14日から第65回十日町雪まつり | メイン | 一般会計1兆5685億円 新潟県予算案、新規に雪冷熱システムの導入 »

一般会計は357億324万円 十日町市が新年度予算案を発表

 関口芳史十日町市長は17日、定例会見を行い、平成26年度予算案を発表した。一般会計は332億3200万円と、当初予算だけを見ると前年比20億2100万円減の5・7%減の緊縮型となるが、前年は国会議決の遅れで3月補正分が当初予算に含まれており、今年の3月補正分を加えた「13カ月予算比」で見ると一般会計は実質357億324万円と、前年比4億5024万円増の1・3%増となる計算だ。但し、両年度予算から両3月補正分を除くと、26年度当初予算は前年比5億8800万円減の1・7%減となる。実質的な13か月予算から見た一般会計と特別会計を合わせた市全体の予算規模は544億9042万円と、前年比8億5512万円増の1・6%増となった。
《本紙2月20日号1面記事より抜粋》

十日町新聞2月20日号は・・・・
▽前年比6割減の12万人と大幅減 十日町雪まつり、雪上カーニバルは初の当日中止に
▽<雪の芸術展>あてま有志の会が初の市長賞、アウト・ドアは6回目の頂点
▽浦田、長津、志賀さんが栄冠に輝く 第3代十日町きもの女王コンテストで
▽パスポートは来年使える 雪上カーニバル中止で宿泊キャンセルも深刻
▼それ行け、大志! ソチ冬季オリンピック・パブリックビューイングで最高潮
▼下条魂で思う存分力を発揮 母校でソチ五輪・小林美貴選手激励会
▼300万円を東京五輪までの火種に ソチ五輪出場選手激励寄付金の中間報告
▼5年目も「変動放流」を 信濃川あり方検討委員会が方針決定
▼心に寄り添い忘れない 大震災復興ボラ越後愛届け隊が活動を3千枚の写真で表現
▼民主党が公認候補を公募 来春の県議選6区内選挙区で など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS