2017年 11月24日 (金曜日)

カテゴリー

« 火災住宅から寝たきり高齢女性を救助 中沢、野沢、福原氏に感謝状 | メイン | 2陣営が事務所開き、現新一騎打ちの様相 津南町長選 »

高規格道十日町IC検討に初予算、当間バイパスが建設着手に 尾身県議記者会見

140508_01.jpg

 尾身孝昭県議会副議長は先月28日、市内高山の尾身事務所で恒例の新年度記者会見を開き、県の平成26年度予算や組織改正、当地域関連の新年度事業や十日町病院問題などを示した。この中で現在調査区間の高規格道路八箇IC〜十日町IC間の道路概略設計に2500万円を初計上、来年度に(仮称)新野中当間トンネル建設着手となる主要地方道十日町当間塩沢線の当間バイパスに4億5千万円が計上された等を示し注目された。また今年の小学2年生が高校入学時には5クラス分の196人減となると指摘し、高校再編問題は「県任せでなく、地元ビジョンが重要」と訴えた。
(写真:主要地方道十日町当間塩沢線の新バイパス計画図)
《本紙5月8日号1面記事より抜粋》

十日町新聞5月8日号は・・・・
▼<十二峠土砂崩れ>上部土砂約2万㎥残し恒久対策へ 暫定通行は最短で6月末か
▼春の叙勲に小堺、諸里、渡辺氏 村山氏は黄綬褒章を受章
▼苗場山麓ジオパーク構想をアピール JGC公開プレゼンテーションで上村町長らが
▼<きものまつり>昨年より多い37000人の人出 きものパーティーに235人
▼JR東日本が「越乃Shu*Kura」運行 地酒・地元料理が楽しめるイベント列車
▼伊藤園と災害応援協定を締結 団体・企業などとの協定で34例目
▼新成人564人の門出祝う 十日町市成人式、式典後は華やか姿で街に
▼ふるさと津南に誇りと愛着を 津南町成人式、新成人143人の門出祝う
▼E−REXが念願の初優勝 郡市学童野球大会、古豪・中条龍王に快勝
▼ふるさと津南を描く なじょもんで出身画家の髙橋勉・皐親子展
▼林野火災が相次ぎ発生 農作業中の火の扱いに注意を
▼山菜採り男性が転倒し重傷 中条の山林で など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS