2017年 10月18日 (水曜日)

カテゴリー

« 高規格道十日町IC検討に初予算、当間バイパスが建設着手に 尾身県議記者会見 | メイン | 太田国交大臣に市町村長が直訴 十二峠トンネルや高規格道路など »

2陣営が事務所開き、現新一騎打ちの様相 津南町長選

140515_01.jpg 140515_02.jpg

 任期満了に伴う津南町長選挙(来月17日告示、22日投開票)は、現職で2選を目指す上村憲司氏(上郷今井)と、三つ巴となった4年前の前回選で上村氏に僅差で敗れた半戸哲郎氏(上郷朴木沢)が立候補を表明、現職新人2氏による一騎打ちとなる公算が大きくなっている。同選挙は、今年1月に上村氏が出馬を表明、無競争の見方が広がる中、先月になって半戸氏が無競争阻止を掲げて出馬を表明し、一転して選挙戦に。告示まで1ヵ月半を切り、半戸陣営は2日に、上村陣営は6日にそれぞれ町内に選挙事務所を開設、激しい前哨戦に突入している。
(写真左から:事務所開きで気勢をあげる半戸陣営と上村陣営)
《本紙5月15日号1面記事より抜粋》

十日町新聞5月15日号は・・・・
▼市街地活性化の民間2事業着工 旧田倉跡と旧娯楽会館跡で安全祈願祭
▼<GWの入込み>飛び石連休で客足鈍る、十二峠の全面通行止めも悪影響
▼例年以上に地元企業に採用意欲 来春卒業予定者を対象に就職フェア
▼支部長に村山政文氏が就任 県建設業協会十日町支部が総会
▼死亡ゼロ3000日へ継続誓う 中里地区建設業協が春一番交通安全大会
▼市報とおかまちが全国広報コンクールで2席に 地域おこし協力隊を特集
▼自慢の「ごっつお」107品に舌鼓 第9回なかさと食の文化祭賑わう
▼大賞に「風で織るタオル」 とおかまち逸品会がお披露目会
▼里山に都会の子どもたちの歓声こだま 「越後田舎体験」受け入れ始まる
▼オリンピックの世界を語る ソチ五輪出場3選手が報告会
▼NGP津南にゆるキャラ「ぐりぐり」誕生 馬と雪下人参をモチーフ
▼強盗致傷容疑で津南町上郷の男性逮捕/山菜採り中の事故相次ぐ など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS