2017年 08月23日 (水曜日)

カテゴリー

« 初夏の木漏れ日のなか10年ぶりのコンサート 松之山美人林で | メイン | 田口前市長が経営管理委員長に就任 JA十日町が新体制に »

川西高校の存続求め署名簿提出 県教委に1万1193筆分を

140605_01.jpg

 昨年10月に発表された県教育委員会の県立高校再編整備計画の中で、平成28年度に募集停止の方針が示されている川西高校の存続を求める1万1193筆分の署名簿が27日、嘆願書と共に県教育委員会に提出された。この日は同窓会、PTA、評議員、川西商工会、川西地区振興会、地区選出の市議会議員、それに小千谷市議ら各団体の代表11人が参集して署名簿を手渡し、存続への理解を求めた。川西地区では再編計画を受けて、昨年12月に各団体からなる川西高校の存続を求める会(仲嶋英雄会長)を設立、署名活動を展開してきた。会では今後、多くの卒業生を輩出して結びつきが強い小千谷地域とも連携しながら、広範囲な存続活動を展開していくことにしている。
(写真:石井高等学校教育課長・左に署名簿を手渡す上村同窓会長)
《本紙6月5日号1面記事より抜粋》

十日町新聞6月5日号は・・・・
▼参加1千人超が苗木3000本を植樹 全国植樹祭と市民協働の森づくり
▼市スポーツコミッションが定期総会 知名度アップなど2年目の方針決める
▼北陸新幹線、国民投票法が新たな課題へ 十日町織協が定時総会
▼「松乃井」と「苗場山」が金賞受賞 平成25酒造年度全国新酒鑑評会
▼様々なテーマで膝を交えて講義 北野大氏が8月から「津南・北野大塾」開講
▼初夏の木漏れ日のなか10年ぶりのコンサート 松之山美人林で
▼田毎の月で昔ながらの田植え 棚田みらい応援団のメンバーが
▼パンダ飼育係の阿部さん講演 中条小と飛一小児童ら目を輝かす
▼妻の三千代こそ無頼派だ 坂口安吾まつりで長男・綱男氏と手塚氏がトーク
▼十高にしか出来ない演奏を! 15日に市民会館で第44回定期演奏会
▼集会所と農機10台燃える 川西藤沢、燃料抜き出し中に引火
▼津南産こしあぶらからセシウム 県が出荷等の自粛を要請 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS