2017年 08月23日 (水曜日)

カテゴリー

« 賑やかに盆おどり 智泉寺観音広場で園児らが十日町小唄 | メイン | 廃校を芸術祭の拠点等に再生 上郷中、清津峡小、奴奈川小を »

原発再稼働の避難路として重要 十二峠新トンネル開削期成同盟会が総会

140807_01.jpg

 平成26年度・一般国道353号十二峠新トンネル開削期成同盟会総会が30日、市内山崎の林屋旅館で開催された。同総会には関係する十日町市、柏崎市、南魚沼市、湯沢町、津南町、飯山市、野沢温泉村、栄村の8人の首長と議会議長が出席して会長である水落敏栄・参議院議員を議長として議案を審議した。特に今回は4月5日に発生した大規模土砂崩れで全面通行止めとなっている状況が、県十日町地域振興局地域整備部から説明が有り、暫定的に8月6日から時間を区切り片側通行を開始するとした。
(写真:総会で挨拶する会長の水落敏栄参院議員)
《本紙8月7日号1面記事より抜粋》

十日町新聞8月7日号は・・・・
▼地域おこし協力隊先進地の十日町市を視察 衆議院総務委員会の8代議士が
▼移住者用集合住宅「めぶき」 池谷集落が自力建設に向け地鎮祭〔動画あり〕
▼街中一等地にグループホーム 十日町福祉会「いずみ」開設
▼傷害事故大幅増に危機感 シルバー人材センターが安全就業研修会
▼新会長に涌井直氏就任 津南町農業委18人決まる
▼高卒予定者求人説明会に満杯の企業 高校生は84人が参加
▼そばの風味にそうめんの食感 小嶋屋総本店「片木蕎麦藻麺」新発売
▼バスケU―18日本代表に選出 十日町高校3年の高橋浩平選手が
▼宝泉寺で二千年蓮を愛でる観蓮会 徳永社中・好日会が茶会でもてなし
▼津南町の住宅地に熊出没 徒歩男性の目前を横切る
▼【ズームアップ】競技ヨーヨー世界大会に出場・丸山太さん
▽十日町石彫刻シンポ参加作家紹介〜大野春夫さん〜 など 

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS