2017年 06月25日 (日曜日)

カテゴリー

« <県議選>広域選挙で初の無投票当選に 尾身氏は6期目、村松氏は7期目へ | メイン | 3市町村の議会連携協議会が発会 十日町市・津南町・栄村 »

葎沢で土砂崩れ 国道353号十二峠が再び通行止めに

150314_01.jpg

 14日午後2時20分頃、市内葎沢地内で土砂崩れが発生し、国道353号線が全面通行止めとなった。
 現場は猿倉トンネル手前のスノーシェッド上で、昨年4月5日にも土砂崩れが発生、同年8月まで国道が全面通行止めとなり、現在も復旧工事が続いていた。
 スノーシェッド上の斜面から雪まじりの土砂がスノーシェッドに崩れ落ち、小規模な崩落が断続的に続いている。復旧の見通しは立っていない。
(写真:14日午後3時50分頃撮影)

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS