2017年 02月25日 (土曜日)

カテゴリー

« 県教委「県立高校の将来構想」素案を発表 「松代高校」焦点化か | メイン | 津南町議会が一般会計補正予算を否決 NGP基金分を削除し28日に再上程 »

米への影響大きくないのでは、TPP大筋合意で関口市長 市議会一般質問

090615_01.jpg

 十日町市議会12月定例会は7日から3日間にわたって一般質問が行われ村山邦一、羽鳥輝子、涌井充、高橋洋一、宮沢幸子、安保寿隆、飯塚茂夫、太田祐子、福崎哲也、藤巻誠、吉村重敏、鈴木和雄の12氏が市政全般に関する関口市長らの見解を質した。この中で村山、涌井、福崎の各氏が農業問題でTPP大筋合意に関連して市農業への影響を問い質したのに対し、関口市長は「米は国内流通量が増えないようにするとしており、影響はそれほど大きくないのではないか」との見解を示した。また藤巻氏が市民活動・交流センターの管理運営について質問したのに対し、関口市長は、平成28年度は市直営で行い、一部の運営は業務委託する方針を示し、文化ホールの管理運営については蔵品教育長があらゆる運営形態を研究すると答弁した。
《本紙12月17日号1面記事より抜粋、主な質問と答弁要旨を紙面に掲載》

十日町新聞12月17日号は・・・・
▼地域性を考慮した高校の将来像を 県立高校将来構想素案説明会に50人
▼中条病院が来年3月で閉鎖 看護師不足、前倒しで実施へ
▼平均支給額は市職73万円、町職61万円 公務員に冬のボーナス
▼飲酒運転根絶を訴え飲食店訪問 ゆるキャラ3体も参加しポスター配布
▼市民の手で泥団子の土壁作り 市民交流センター、団子1万個目指しワークショップ
▼ロケの思い出や裏話を披露 映画「図書館戦争」最新作、プロデューサーらがトークショー
▼馬場小がダブルで金賞 県リコーダーコンテスト、地元から4校が全日本大会へ
▼十日町ACが過去最高の16位に クロカンリレー全国研修大会、村山愛美沙が区間3位
▼MVPに清水龍と高橋ひなた 市陸協ジュニア最優秀選手表彰
▼第31回民謡舞踊大競演会開催 松代の松苧太鼓がゲスト出演
▼尾身勝さんが手づくりの自分史を出版 モノづくり一筋70年の人生を綴る
▼年賀状の早期投函を呼びかけ 十日町郵便局で北越保育園児が初差出式〔AR動画あり〕
▽【写真特集】2015イルミネーションアラカルト など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS