2017年 08月23日 (水曜日)

カテゴリー

« 雪まつり合同プレイベントを開催 第67回十日町雪まつりの企画を発表 | メイン | 米への影響大きくないのでは、TPP大筋合意で関口市長 市議会一般質問 »

県教委「県立高校の将来構想」素案を発表 「松代高校」焦点化か

151210_01.jpg

 県教育委員会は1日、平成30〜39年度の10年間対象の県立高校の中長期再編を見据えた魅力ある学校づくり「県立高校の将来構想(仮称)」素案を発表した。中卒者数が今春と比べ平成39年春には県全体で3千9百人減少と推計、換算すると97学級減、1学年6学級規模校でおよそ16校分減少と示すも、具体的な統廃合は毎年策定する3年間の年次計画案で示すとしている。エリア4(十日町市、魚沼市、南魚沼市、湯沢町、津南町)では、10年間で337人減、募集10学級減と示しており、12日午後2時からクロステンで事前申込不要の同素案説明会を開催する。
《本紙12月10日号1面記事より抜粋》

十日町新聞12月10日号は・・・・
▼五輪2年前にクロアチアが当市へ視察へ 合宿誘致に向け市が同国を初公式訪問
▼流雪溝中継ポンプ場供用開始20周年式典 水源確保で飛躍的な流雪溝延長に拍車
▼誘客戦略に中津川渓谷整備構想 苗場山麓ジオパーク振興協議会総会
▼津南町の小水力発電が稼働開始 農業用水活用の雑水山第2発電所
▼東京電力が西大滝ダムの魚道改修 信濃川発電所の増出力計画を発表
▼地域みがきが農山村再生の鍵 小田切教授を招き十日町市勉強会
▼芸術祭で湯沢温泉1万2千泊 旅館組合が十日町市に感謝表明
▼視覚障害者の自立支援に貢献 明窓会が厚労大臣賞を受賞
▼チーム一丸となって全力で駆ける 全国大会壮行会で吉田中女子と十日町ACが決意
▼津南中等の丸山さんと笠原君を派遣 姉妹都市交流協がコモ市への交換留学生として
▼お酒を飲んだら車に乗らないで 安協管理者部会が園児によるキッズフラッグ大作戦
▼情熱的に、華麗にフラメンコ ソイ・ヒターナがクリスマスパーティー〔AR動画あり〕
▼十日町の素晴しさを伝えたい 鐙島小5年生が自ら栽培のコシヒカリを販売
▼パチンコ店で置引き 中里堀之内の男性逮捕
▼元松之山町議会副議長・村山正英氏逝去 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS