2017年 12月16日 (土曜日)

カテゴリー

« 縄文文化の再認識で聖火台実現を 「日本遺産」認定後初の縄文サミット | メイン | 検討チームで実現可能案を年内示す 清津川・魚野川水環境検討協 »

クロアチアホストタウン事業がスタート 東京五輪を機会にスポーツ交流等推進へ

160526_01.jpg

 クロアチアホストタウン推進事業プロジェクト会議が18日、十日町市役所大会議室で開催された。十日町市とクロアチア共和国は2002年のFIFAワールドカップ日韓大会で、クロアチア代表が当間高原リゾートでキャンプを張った時から交流が始まった。昨年末に東京五輪パラリンピック組織委員会にサッカー競技などの事前キャンプ地として意思表示して、今年1月に「クロアチア共和国を相手国としたホストタウン」に認定された。
(写真:プロジェクト会議で挨拶する関口市長)
《本紙5月26日号1面記事より抜粋》

十日町新聞5月26日号は・・・・
▼十日町ロータリークラブが創立60周年記念式典 市民文化ホールに新市民憲章石碑贈呈
▼十日町織物工業協同組合が総会 県十日町地域振興局の新施策を発表
▼今夏に川西商工サミットを開催 川西商工会総会、会員増強で組織率向上も目指す
▼着地型の観光、住民が地元再発見を 津南町観光協総会、27年度観光入込みは56万人
▼庭野日敬師に学ぶ会が通常総会 役員改選で庭野雅弘会長を再任
▼市民の健康づくりさらに充実を ネージュSC総会、上村良一理事長ら再任
▼市の今冬除雪比は12億4600万円 前年冬の半分以下に
▼自然と人の営みの美 三ツ山「田毎の月」に県内外から300人超
▼為末元五輪選手ら田植え体験 芸術祭作品「カバコフの棚田」で
▼日本一の大河で川下りも 越後田舎体験事業で首都圏の学生が農村体験〔AR動画あり〕
▼地元伝統文化のきものを学ぶ 十日町小6年きものサークルが開講
▼樋熊フサ子さんが会員推挙に 第68回三軌展写真部門で
▼林道脇の水田に車ごと転落 姿第一の高齢男性が死亡 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS