2017年 07月29日 (土曜日)

カテゴリー

« 関口芳史市長が3選への出馬を表明 市議会全員協で今後の市政運営に意欲示す | メイン | カールベンクス夫妻にふるさとづくり大賞 古民家再生による地域おこしが評価され »

樋口明弘氏が市長選に出馬を表明 地域医療問題の解決など公約示す

170126_01.jpg

 4月に行われる十日町市長選挙に前回の平成25年に出馬した不動産販売会社・社長の樋口明弘氏が再挑戦するとして、21日に市内本町6のサンクロスで記者会見を行った。樋口氏は再出馬の要因として、「十日町病院は下島の2万坪の土地に県が建設して厚生連が経営する事を泉田知事と厚生連の堀内理事長とで決定していた。それがいつの間にか現在の4700坪しかない場所に変わってしまった。人の生命に関わる事は絶対に許されない、という決意で4年前に出馬した。誰かが出なければ病院問題を容認した形になるので出馬し、全投票者の25%にあたる9千票を頂いた。選挙後に180回の集会を開いて市民から意見を聞くと合併問題など大変な苦情を聞いた。再度の出馬を決断したのはやはり病院問題である」などと話し、出馬への思いや公約について次のように語った。
(写真:市長選への出馬を表明する樋口氏)
《本紙1月26日号1面記事より抜粋》

十日町新聞1月26日号は・・・・
▼第1弾は田島氏デザイン天然水 大地の芸術祭の里とOisixが初コラボ商品
▼中里保育園は清津福祉会、松代保育園は松代福祉会に 市立2園を民営化
▼除排雪援助上限は3.5万円へ 来年冬から市要援護世帯の助成額
▼川西地域スノーボランティア夢雪隊2年ぶりに出動 理想に近づき対象は1世帯に
▼上村氏に交通安全功労緑十字金章 半戸、重野氏に銀章、田沢小に優良校表彰
▼介護のプロを招いて研修会 小出特別支援学校川西分校が就労スキル向上目指して
▼子ども達の健康のために 川治小で初の吐しゃ物処理研修会
▼本選出場者12人が決定 十日町きもの女王コンテスト 
▼<県中学スキー>南中女子3年ぶり県王者に輝く 競い合い念願のリレーを制す
▼<県高校スキー>インターハイでのメダルを目標に 女子リレーは十高が5年連続V
▼稀勢の里よりお先に土俵入り 松代大相撲初場所千秋楽 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS