2017年 12月11日 (月曜日)

カテゴリー

« 十高松之山分校は3年くらいが存続の勝負 越後妻有議員の会で尾身県議が県政報告 | メイン | 経営管理委員会長に柄澤和久氏 JA十日町の新体制決まる »

新たな三者協定を7月に締結へ 清津川分水発電問題、水利使用認める苦渋の回答

170608_01.jpg

 東京電力による清津川分水発電となる湯沢発電所の水利使用の国への許可申請に伴う県知事意見聴取に向けて、県知事から関係自治体への意見照会を受けた関口芳史十日町市長は、5月31日付けで回答書を提出した。それによると「今回の申請内容は満足できる内容ではない」と訴え、三者合意で抜本的解決策を模索した魚野川流域水資源確保検討委結果も「満足できる進捗が見られない」と指摘も、「県からご尽力頂き、三者による新たな協定締結に向けた協議状況を踏まえると、許可はやむを得ない」と示した。今後は7月開催予定の第19回清津川・魚野川流域水環境検討協で清津川の維持流量増量を求めると共に、同検討協合意を尊重し、新たな三者協定を締結する方針だ。
(写真:平成22年11月の三者協定締結)
《本紙6月8日号1面記事より抜粋》

十日町新聞6月8日号は・・・・
▼交通死亡事故ゼロ5千日めざし誓う 中里地域でゼロ10年達成記念式典
▼十日町病院は9.5億円の赤字、松代は黒字に 28年度県立病院決算
▼「風の森」を次の世代につなごう 市民協働の森づくりが最後の植樹祭
▼ネスパスで中条の食と国宝をPR 中条農商工れんらく会が発足
▼市消防団5方面隊初の合同消防演習 1350人が参加、士気を鼓舞
▼水の大切さ、ありがたさを伝えたい 管工事組合が幼保園でボラ点検
▼盛り上がった「縄文練り歩き」 第18回笹山じょうもん市〔AR動画あり〕
▼妙法牧場で今シーズンの放牧開始 県内唯一の県営牧場〔AR動画あり〕
▼「田毎の月」の棚田を田植え 県「棚田みらい応援団」が
▼自転車は歩行者ではなく車両 総合高校で自転車安全点検と指導所
▼中国人強制連行の被害者弔う 川西・長徳寺「平和友好の碑」で第2回追悼式典
▼日本刀など騙し取る 湯沢町の男性逮捕 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS