2017年 12月11日 (月曜日)

カテゴリー

« 吉澤武彦氏が第18代理事長に 十日町織物工業協同組合 | メイン | 清津川の新たな維持流量に三者合意 清津川・魚野川水環境検討協議会 »

第7回大地の芸術祭は来年7月29日に開幕 北川フラム氏が概要紹介

170720_01.jpg

 第7回大地の芸術祭「越後妻有アートトリエンナーレ2018」が来年7月29日から9月17日までの会期51日間で開催される。13日に開催された平成29年度第1回大地の芸術祭実行委で明示されたもので、名誉実行委員長に米山隆一県知事が就任、福武總一郎総合プロデューサー、北川フラム総合ディレクターに加え、クリエイティブディレクターに佐藤卓(グラフイックデザイナー)、ネットワークアドバイザーに高島宏平(オイシックスドッド大地(株)社長)という布陣で行う。今年11月頃には主要プロジェクトや作品プランなどの企画発表会も計画されている。
(写真:概要を説明する北川総合ディレクター)
《本紙7月20日号1面記事より抜粋》

十日町新聞7月20日号は・・・・
▼クロアチア代表の歓迎レセプション開催 8月には国際交流員が市役所に着任へ
▼クロアチア料理を手ほどき 駐日大使夫人が本場の味を伝授
▼馬場文之氏に会頭褒賞 十日町商工会議所が通常議員総会
▼吉澤織物と市交通指導隊に県知事表彰 交通安全対策連絡協議会長表彰も多数に
▼地域初のクラフトビールを目指して 妻有ビール(株)、資金支援求めクラウドファンディング
▼職場ぐるみで防ぐ熱中症 十日町労働基準協会が講習会
▼インターン女子大生3人もお手伝い クロステンで全国地場産品交流展
▼炎天のもと作家4人が公開制作 星と森の詩美術館で木彫アートキャンプ
▼二ツ屋で恒例の蓮まつり 二千年蓮の見ごろはお盆頃まで
▼<高校野球県大会>部員11人の総合、ベスト16入り、十高は宿敵・中越にコールド負け
▼優勝目指して最高のサポートを J1横浜F・マリノスが当間でキャンプ
▼(株)メイケンと社長ら書類送検 違法な時間外労働、1ヵ月141時間も など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS