2017年 10月21日 (土曜日)

カテゴリー

« 第7回大地の芸術祭は来年7月29日に開幕 北川フラム氏が概要紹介 | メイン | 第50回記念十日町市美術展作品募集 »

清津川の新たな維持流量に三者合意 清津川・魚野川水環境検討協議会

170727_01.jpg

 第19回清津川・魚野川流域水環境検討協議会(会長・玉井信行東大名誉教授、委員14人)が20日、クロステン大ホールで開催され、県を事務局に南魚沼市と十日町市の三者が清津川への試験放流増量で正式合意した。非かんがい期の10月20日〜4月30日は、現流量より最大期で3倍以上となる大幅増放流で、かんがい期等は現状通りとする新たな「清津川への試験放流」が示され承認された。同合意に伴う魚野川への影響は5年間掛けて調査を行い、5年後に評価・検証を行う。それに伴い現流況調査に加え、新たに魚野川の地下水位影響調査も行う。この合意を受け8月22日、県庁で県知事と両市長による新三者協定書を締結する。
《本紙7月27日号1面記事より抜粋》

十日町新聞7月27日号は・・・・
▼市長選任制で新たな農業委員任命 会長は村山隆義氏、委員は24人に
▼市維持流流量発電に要望書 千曲川信濃川復活させる会が
▼来年度に十高1学級減へ、総合も再来年度1学級減に 県立高校再編
▼ 第41回生誕地まつり実行委員会開催 10月7、8日に盛大に市中行進など
▼折り紙で交通安全呼びかけ 夏の交通安全運動で松之山保育園児が
▼(株)クローバフォーが創立周年記念式典 グループで式典、5年後の売上目標130億円
▼逢坂稲荷神社、仮社殿で再興祈願祭 本宮の東松山・箭弓稲荷宮司を迎え
▼原爆や戦争の悲惨さを後世に 広島・長崎派遣団が事前学習会
▼箱根駅伝活躍の服部兄弟パネルを寄贈 母校の中里中に中里スポーツ後援会ら
▼<インターハイ>田邉千夏(十高)やり投げで3年連続 桑原優斗(中等)は200Mで初出場
▼<県軟式高校野球>「全員野球」で全国大会目指す 津南中等が優勝、北信越に挑む
▼連携してさい銭ドロ逮捕に貢献 鹿島さんと村山さんに感謝状
▼児童が描く夢の飯山線 JR土市、水沢駅に展示 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS