2018年 09月25日 (火曜日)

カテゴリー

« 「世界に誇れる計画を」と浅枝委員長 宮中ダムFU委、市の発電計画に懸念続出 | メイン | 上村病院の入院病床は3月末で閉鎖 財団法人を解散し、清津福祉会運営に »

住民が存続求め署名活動を開始 中条第二病院

180201_01.jpg

 本紙の12月14日号で伝えた「中条第二病院の新築整備は再延伸に」の情報に対して、住民が中条第二病院の存続を求める署名活動を開始した。「地域医療を守る住民の会」が26日、市民交流センターで緊急記者会見を開き、新潟県厚生農業協同組合連合会(厚生連)が運営している中条第二病院と老健きたはらの存続を求める署名活動を28日からスタートする事を明らかにした。
(写真:イオン十日町店前での署名活動)
《本紙2月1日号1面記事より抜粋》

十日町新聞2月1日号は・・・・
▼十日町商工会議所が賀詞交換会 会頭が世界への情報発信を強調
▼十日町織協が新年会開催 合わせて産地振興賞の表彰式も
▼発生件数・傷者数ともに増加、高齢者関与の事故が45% 平成29年の交通事故
▼ミャンマーとマレーシアの若手医師が来市 介護予防の取り組みを視察
▼金澤忠司、根津正信氏に緑十字銀賞、安協川西女性部は優良団体で 全国交通安全表彰
▼神邑会が合吟で史上初の3連覇、高段で内田氏優勝、同時制覇も初 全国詩吟大会
▼小林由貴4連覇で二冠、宮沢大志は15キロCで優勝 スキー全日本選手権
▼赤坂芸者衆が出演し盛り上がる きものパーティ、芸者転身の元きもの女王・藤巻さんも
▼念願の横綱に「いつ死んでもいい」と喜び爆発 冬の名物行事・松代大相撲〔AR動画あり〕
▼雪国の暮らしと遊び満喫 なかさと交流、越後田舎体験で児童来市
▼吉田で鍛え、東京五輪で金メダルを カヌーの羽根田選手が市長を表敬訪問
▼社会保険料控除証明書に誤表示 十日町市、対象は1300人 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS