2018年 05月24日 (木曜日)

カテゴリー

« 市医療福祉総合センターの基本設計提示 県立看護専門学校、休日救急診療センターなど | メイン | ★ 今週のAR動画 ★ 十日町新聞3月15日号 »

上村憲司津南町長が今期限りで引退を表明 感謝と新町長への思い語る

180308_01.jpg

 7月の任期満了に伴う津南町長選挙について、同町の上村憲司町長 は先月28日、津南町議会3月定例会一般質問で、同選挙に出馬せず今期限りで退任することを表明した。上村町長は「町長職については就任当初から2期8年とお約束させて頂いた。この場を借りて町民各位に心から感謝を申し上げる」と述べ、後継候補の擁立については「私が後継を示すことはまったく考えていない」と話した。同選挙には見玉の高橋真二氏(57)が出馬を表明しているほか、前回、前々回選に出馬した半戸哲郎氏(66、朴木沢)も出馬の意向を示しており、選挙戦となる見通しだ。
(写真:今期限りの退任を表明する上村町長)
《本紙3月8日号1面記事より抜粋》

十日町新聞3月8日号は・・・・
▼魚沼圏域ご当地ナンバー導入を断念 住民アンケート結果受け、「雪国魚沼」支持2割
▼GPビジターセンターを疑問視 津南町議会一般質問、議員から質問相次ぐ
▼人口自然減に危機感と注目集まる 関口市長と女性の集い
▼子ども食堂の作り方を学ぶ 市議会会派「さくら」が政務活動費で市民参加型勉強会
▼教団創立80周年記念式典 立正佼成会が各教会で式典見守る
▼妻有そばで警備活動をサポート 十日町警察署と玉垣製麺所が災害時物資供給協定
▼屈折はじご付き消防ポンプ車導入 30年ぶり更新、最新型で活動の幅広がる
▼夜空と雪原を染めて 越後妻有・雪花火、昨年より300人多い5700人を魅了
▼〈きせつの窓〉サンヨ、サンヨの掛け声とともに 多聞天押合い祭典
▼スピードと迫力ある滑りが魅了 妙高はねうま国体、松之山温泉スキー場でモーグル
▼誇りを胸に輝かしい人生を! 閉校の川西高で最後の卒業式 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS