2018年 06月18日 (月曜日)

カテゴリー

« 上村憲司津南町長が今期限りで引退を表明 感謝と新町長への思い語る | メイン | 「特A」落ちに危機感、要因探る 魚沼コシ生産5市2町が初の対策会議 »

中条第二病院は経営継続を要望、老健は譲渡先探し支援 十日町市議会一般質問

170316_01.jpg

 十日町市議会3月定例会は6日から3日間にわたって一般質問が行われ、星名大輔、小林正夫、大嶋由紀子、滝沢繁、福崎哲也、安保寿隆、小野嶋哲雄、太田祐子、山口康司、鈴木和雄、樋口利明、小林均、藤巻誠、水落静子の14氏が関口市長らの見解を質した。この中で最悪の場合、撤退が予想される中条第二病院について安保氏と樋口氏が今後の対応策を迫った。これに対し関口市長は「県からは必要性を十分に理解頂いている。安心して医療が受けられるように厚生連に経営継続を要望していく。地元自治体として最大限の努力をする」と答弁した。また隣接し、経営譲渡の方針が示されている老健きたはらについては譲渡先探しを支援していくと述べた。
《本紙3月15日号1面記事より抜粋》

十日町新聞3月15日号は・・・・
▼桑原悠氏が町長選出馬へ 告示まで3カ月、新人三つ巴か
▼憲法改正を考える市民の会創設を 高鳥代議士が自民党十日町支部大会で
▼地域医療を守る市民の会が市長に 中条病院存続求める署名16,648筆提出
▼惜しまれつつ10年の歴史に幕 十日町シネマパラダイス、十日町から再び映画の灯消える
▼十日町シネパラの存続を模索 地元有志が存続を願う会設立
▼被災地から復興の祈りを届けたい 東日本大震災追悼セレモニー「忘れない」開催
▼アクアビクス教室で心身スッキリ! ひだまりプールが新設、受講者募集
▼きもの姿で愉しみまちを彩る 魅力溢れるイベント続々
▼新設のジュニア五輪クロカン競技小学生に4選手 高澤、佐藤、小堺、牧田が憧れの舞台に
▼<サッカー>エル・オウロUKが全国大会へ 県大会優勝、2年ぶり桧舞台に
▼本紙歌壇選者に五十嵐順子さん 十日町市出身、現代歌人協会会員 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS