2018年 07月18日 (水曜日)

カテゴリー

« ★ 今週のAR動画 ★ 十日町新聞6月21日号 | メイン | 津南町議補選・開票結果 »

半戸、桑原のトップ争い、追う高橋 津南町長選に新人3人が立候補

180621_01.jpg

 任期満了に伴う津南町長選挙が19日に告示され、届け出順に元町職員・町議で3度目の同選となる半戸哲郎氏(67・上郷朴木沢)、元塩沢信用組合津南支店長の高橋真二氏(57・見玉)、元町議会副議長の桑原悠氏(31・貝坂)が立候補、新人3人による三つ巴の形で5日間の選挙戦に突入した。桑原氏が当選すると全国最年少町長となることから、広く注目を集めている同選挙。戦いは、近年の野党共闘の流れから強固な選対組織を作り勢いに乗る半戸氏と、告示直前で現職・上村憲司町長の支持表明を受けて勢いを増す桑原氏が激しくトップを争い、最も早くから活動を重ねてきた高橋氏が追う形で終盤戦を迎えている。また、桑原氏の町議辞職に伴う町議補欠選挙(欠員1―立候補2)も同時実施。投票は24日に行われ、午後7時から即日開票、確定は午後8時半頃になる見込み。6月18日現在の選挙人名簿登録者数は8539人(男性4129人、女性4410人)。
(写真左から:第一声をあげる半戸、高橋、桑原氏)
《本紙6月21日号1面記事より抜粋》

十日町新聞6月21日号は・・・・
▽<津南町長選>桑原悠氏支持を表明 現職の上村憲司町長が出陣式で応援演説
▽小木曽茂子、筒井秀樹氏が立候補 津南町議補選は新人が一騎打ち
▼懸案の医療問題に質問が集中 十日町市議会一般質問、室野診療所は再開の目処立たず
▼安全・安心して暮らせる県目指す 花角知事が知事就任記者会見
▼サイクロン被害のトンガに県内外善意 そろばんや文房具など7箱分寄贈へ
▼耕作放棄地を再生し収穫体験を A・ファームがクボタ社会貢献事業で2ヘクタールを
▼福原新聞店に人命救助の感謝状 独居高齢者の異変察知し交番に相談
▼特殊詐欺被害を未然防止 セブンイレブン千歳町2丁目店に感謝状
▼まるでマレーシアを旅してるよう 半間実千世さんが20年ぶりの個展
▼「コモの田っぽ」に保育園児が合鴨放流 コモ市交流の上村農園有機米水田〔AR動画あり〕
▼里山として癒しの場に 旧角万寺スキー場で千手小児童がブナ植樹
▼「山火事注意」!看板60枚制作 水沢女性防火クラブが など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS