2018年 11月18日 (日曜日)

カテゴリー

« <津南町長選>桑原悠氏が三つ巴の接戦制す、全国最年少町長に | メイン | <津南町>変化を恐れず挑戦し町存続を 全国最年少・桑原新町長が誕生 »

村松県議が最大組織の全森連会長に就任 県議は7月13日辞表受理に、後継も言及

180705_01.jpg

 全国森林組合連合会(全森連、東京都千代田区内神田)の総会が先月26日開催され、選出された新理事会による役員選任で、新会長に新潟県森林組合連合会長の村松二郎県議が就任した。同連合会は全国約644組合、組合員数約155万人(平成27年3月末現在)と世界最大の組合員数を誇る全国組織。村松氏は本県から初の会長職に専任すべく同日、県議会議長に辞職願いを提出。7月13日の県議会6月定例会最終日に受理される見通しだ。7月1日に十日町市内で記者会見した村松新会長は、来年から始まる森林環境税に向け意欲を示すと共に、任期途中の県議辞職に対し陳謝し、若い世代による県議後継候補への名乗りに期待感を示していた。
(写真:森林環境税始動に向け意欲示す村松会長)
《本紙7月5日号1面記事より抜粋》

十日町新聞7月5日号は・・・・
▼十日町商工会議所で30代男性職員が1千万円着服 親族が全額返済、懲戒解雇処分
▼内部留保は118億円に減少 北越急行決算、3期連続営業赤字で苦境続く
▼十日町病院6.2億円最終赤字 29年度県立病院決算、松代病院は最終黒字に
▼役員改選で青柳会長を再任 十日町市観光協会が通常総会
▼東京で十日町応援団交流会 首都圏で活躍している77人が出席
▼リゾート列車「雪月花」ほく線初乗入れ 9月7日、2新幹線を結び芸術祭を満喫
▼丸山秀二氏が叙勲受賞祝賀会 水落文部科学副大臣らが祝辞
▼伏見勝氏が津南町と中等校に寄付 叙勲受章を機に、教育振興を願って
▼除雪オペレーターに感謝状 新潟県十日町地域振興局が6人に
▼雷鳴轟き、鮮やかな虹浮かぶ中で 諏訪神社で「夏越しの払い」茅の輪神事
▼いつでも、どこでも、だれとでも 十日町ビーチボール協会が設立
▼十日町も2ブロック塀で傾きやひび割れ 県が管理施設等を緊急点検 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS