2018年 12月11日 (火曜日)

カテゴリー

« つなん雪まつりスカイランタン一般販売受付開始 | メイン | ほくほく線「ナナシのマルシェ〜ほくほく列車の市」 »

市展賞に小林幸一(洋画)島田美穂(書道)氏ら 十日町市美術展

181122_01.jpg 181122_02.jpg

 十日町市主催の第51回美術展(市展)の審査結果が14日発表され、市展賞をはじめとする各賞が決まり、17日から4日間にわたって越後妻有文化ホールで開催された。今年は201人から日本画(6点)洋画(29点)版画(9点)現代美術(18点)彫刻(5点)工芸(18点)書道(46点)写真(128点)の8部門に合わせて259点の応募があった。審査の結果、市展賞は日本画=新保利雄(小千谷市)洋画=小林幸一(津南町)版画=広部隆司(長岡市)現代美術=松本文子(津南町)工芸=小林高子(駅通り)書道=島田美穂(新座第3)写真=鈴木洋一(松代)が受賞した。なお、彫刻は該当なしで、洋画で市展賞を受賞した小林幸一氏が市展賞2回、奨励賞5回により、今後運営委員会の推薦により、本人の同意を得て市教育委員会が無鑑査作家に委嘱を予定している。
(写真左から:市展賞を受賞した小林氏と島田氏の作品)
《本紙11月22日号1面記事より抜粋》

十日町新聞11月22日号は・・・・
▼クロアチアの事前キャンプ決定へ 東京オリパラで6種目が十日町市で
▼来年度予算は5%減の緊縮型に 津南町、12月補正で全普通教室にエアコン設置
▼県議選は4人か3人の戦いに 尾身県議が企業の会で想定示す
▼<共産党講演会>共闘は野党の国民に対する責任だ 小池節炸裂、藤ノ木候補に支援を
▼「十日町の方から初の結婚申込み」 講演会で黒柳徹子さん思い出披露
▼越後つまり100km徒歩の旅が10周年 協力者に感謝し次に向けた一歩を
▼苗場山、霧の塔、松乃井入賞 第89回関東信越酒類鑑評会
▼納税者の自覚持ち各人が精進を 税を考える週間、樋口勝彦氏らが税務署長表彰受賞
▼シェ・ヤマザキ「シェ・ミール」がグランプリ受賞 全国逸品セレクション
▼川治小自転車部の全国大会10年連続出場を称える 児童や保護者、地域住民が祝う会
▼念入りにメンテナンス中 JR宮中取水ダム魚道で
▼季節外れのひまわりが心和ませ 津南町駒返 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS