2019年 06月20日 (木曜日)

カテゴリー

« 「越後妻有雪花火」開催は3年に一度か 市内部で見直し中 | メイン | 雪上カーニバルは中止、代替イベントを実施 第70回十日町雪まつり »

男性2人が雪の下敷き、70代男性死亡 雪上カーニバル雪像造りで作業事故

190204_01.jpg

 4日午後1時半頃、市内学校町の十日町雪まつり雪上カーニバル会場で、雪像造りをしていた男性2人が崩れた雪像の下敷きになった。
 下敷きになったのは、市内妻有町西3丁目の職業不詳・渡辺安男さん(70)と市内在住の会社員・Aさん(40代男性)で、渡辺さんは意識不明の重体、Aさんは肩や足の打撲等の軽傷。
 2人は雪像舞台の火焔型土器部分(高さ約10m)を制作中、雪像が崩れて下敷きになった。当時の天候は雨で、現場では20数人が作業していた。事故原因等は十日町署で調査中。
(写真:制作中の雪像が崩れ男性2人が下敷きになった事故現場)

〈4日午後11時30分追記〉
 渡辺さんは4日午後9時、搬送先の病院で死亡した。死因は外傷性出血。

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS