2019年 08月25日 (日曜日)

カテゴリー

« <県議選>保守系2議席巡り激しい攻防 尾身安定、3新人の追い上げに拍車 | メイン | <県議選・十日町市中魚沼郡> 尾身孝昭氏、小山大志氏が当選 »

尾身氏リード、熾烈な2着争い 県議選十日町・津南選挙区は8年ぶりの選挙戦

190404_01.jpg 190404_02.jpg 190404_03.jpg 190404_04.jpg

 新潟県議会議員選挙が29日に告示され、十日町市・津南町選挙区では届け出順に無所属新人の小山大志氏、無所属新人の島田英里子氏、共産新人の藤ノ木浩子氏、自民現職の尾身孝昭氏の4人が立候補し、激しい選挙戦に突入、7日の投票日まであと3日と迫る中、各候補が最後の鎬を削っている。投票は即日開票され、津南町は午後8時から同町役場3階で、十日町市は午後8時から市総合体育館で行う。前回の平成27年の県議選は尾身孝昭氏、村松二郎氏の現職2人だけの立候補で無競争となり、今回は8年ぶりの選挙戦となった。
(写真左から:第一声をあげる小山、島田、藤ノ木、尾身の4氏)
《本紙4月4日号1面記事より抜粋》

十日町新聞4月4日号は・・・・
▼新しい元号は「令和」、新天皇即位の5月1日に施行 花角知事、関口市長が談話
▼新元号・「御代替わり」祝う 中里宮中地域が千羽鶴制作し奉納
▼津南町議選を10月15日告示、20日投票に変更 「即位礼正殿の儀」を考慮して
▼お金と違う形のない資産が出来た 市地域おこし協力隊退任式、6人が定住へ
▼中条第二等存続署名は計59,519筆に 地域医療を守る住民の会が県に提出 
▼中条第二病院は4月から「メンタルケア中条」 入院機能なし、老健きたはら廃止
▼村越裕太郎、服部勇馬選手に特別賞 十日町市褒賞、産業振興など11部門に29人1団体
▼楽しい野球、続けてほしい 十日町市野球連盟が「小学生と高校生の野球教室」
▼就職ガイダンス2020を開催 来春卒業予定の学生20人が参加
▽【寄稿特集】県議選「私は支持します」
▽報道写真で振り返る十日町・津南の平成―平成7年〜12年― など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS