2019年 12月16日 (月曜日)

カテゴリー

« 市教委が第2次学区再編方針説明会 要望書提出の松代、吉田地域振興会に説明 | メイン | 十日町市初の児童センター「めごらんど」が21日に開館 4つの広場で子ども達の殿堂に »

<東京五輪パラ>クロアチア事前キャンプ推進委員会設立、官民一体でW杯サッカーの遺産生かす

190808_01.jpg

 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会クロアチア共和国選手団十日町市事前キャンプ推進委員会の設立総会が2日、市役所で開かれ、来夏の本番に向けて受け入れ体制を整えていくことにしている。事前キャンプでは柔道、空手、テコンドー、陸上、自転車(ロード)、射撃(クレー)の6競技の選手がキャンプを張ることにしており、市民との交流、選手団の活躍が期待されている。このうち柔道、空手、テコンドーの3競技はテスト大会に備えて、今月から事前キャンプを行うことにしており、開催まで1年をきったこの時期から、東京五輪パラムードを盛り上げていくことにしている。
(写真:会長に就任し設立総会で挨拶する関口市長)
《本紙8月8日号1面記事より抜粋》

十日町新聞8月8日号は・・・・
▼平和への思いは不変不朽 キナーレで原水禁市民大会
▼十日町石彫シンポ作家の新作展 星と森の詩美術館で3作家が
▼ウエディングサロンをオープン ベルナティオ、ドレスショップも新設
▼津南町と一緒に大きくなりたい 中澤卓也さん津南町ふるさと大使任命式
▼金婚35組、ダイヤ婚18組の節目祝う 十日町地区老人クラブ連合会が慶祝記念式典
▼木に親しむ「森カフェ」 毎月第3火曜日に中里・サンウッド隣で交流イベント
▼水害の記憶忘れず、防災意識を 田川右岸で復旧記念キャンドルイベント
▼星峠の棚田が「棚田カード」に 農水省が作成
▼服部勇馬選手応援ツアー 来月15日のマラソングランドチャンピオンシップ
▼憧れの夢舞台全中で大きな飛躍を 全中陸上、服部航太(南)阿部凛汰朗(中条)が出場
▼詩吟・神邑会が合吟で最優秀賞 県知事杯、独吟は阿部正夫さんが連覇
▼全国高校総合文化祭で奨励賞に 十日町高校生物部、2年連続入賞の快挙果たす
▼妻有キッズ5年ぶりに中越で優勝 フレッシュミニバス中越大会
▼E−Rexが圧倒的得点力で優勝 市長杯学童野球大会 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS