2020年 11月24日 (火曜日)

カテゴリー

« 新型コロナ・少雪経営相談窓口 | メイン | 【新型コロナ】市が対策本部設置、一部施設利用中止に »

新型コロナウイルス影響広がる 雪花火などイベント中止、経済活動に波及必至

200305_01.jpg 200305_02.jpg

 新潟県でも先月29日に初の感染者が発表されるなど、新型コロナウイルスの国内感染が広がっている中で、26日に安倍首相が大規模なスポーツや文化イベント等について2週間程度、中止か延期、規模縮小を要請した。これを受けて十日町市では26日、午後4時から関口市長が臨時記者会見を開き、29日に予定されていた「第7回越後妻有雪花火」の開催を中止する事を発表した。雪花火のチケットの払い戻しなどについてはホームページに記載されている。このイベント中止に続いて、十日町市・津南町では雪原カーニバルなかさと(7日)、越後まつだい冬の陣(14・15日)、津南町雪まつり(13・14日)の中止が決定された。これに加えて27日の国の要請に伴う小・中・高校の春休みまでの臨時休業、このほかにも多数が集合するイベントや会合の中止が発表されている。
(写真:2日に開かれた十日町市の警戒本部会議と臨時休校に伴い開設された学童保育)
《本紙3月5日号1面記事より抜粋》

十日町新聞3月5日号は・・・・
▽十日町市・津南町の小中高校が臨時休業 急遽学童保育開設、初日は周知行き届かず利用少な
▽観光・経済に甚大な被害 対応に追われる人の声
▼保育園統合、竜ヶ窪温泉再開、データセンター状況など 津南町議会一般質問
▼大規模保育園の是非、町議と懇談 町民の会、予算計上阻止めざす
▼子ども達の育ちを最優先に 保護者有志が新保育園予算化を町に要望
▼来場者数は3万9500人 第71回十日町雪まつり、昨年の3分の1に
▼新委員に島田福徳氏 前回不同意の津南町教委人事で
▼トイレットペーパーの注文殺到 ワークセンターあんしん、休日返上で全国の期待に応える
▼感染者発生時の対応は 十日町地域消防本部が報告
▼我々は地域を支える専門家集団 十日町福祉会が取り組み報告会 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS