2020年 09月29日 (火曜日)

カテゴリー

« 十日町市・コモ市姉妹都市盟約45年 秋には相互に親善使節団が訪問 | メイン | 〈年度末市長会見〉台風・暖冬・コロナで激動の1年 成人式延期、きものイベントは今後判断 »

松代病院は県立・県営で存続されるべき 市議会3月定例会

170316_01.jpg

 十日町市議会3月定例会は9日から3日間にわたって一般質問が行われ、太田祐子、星名大輔、山口康司、鈴木和雄、滝沢繁、安保寿隆、水落静子、富井高志、小林均、宮沢幸子、樋口利明、小野嶋哲雄、藤巻誠の13氏が関口市長らの見解を質した。この中で星名、富井の両氏が少雪に対応する除雪制度の充実を求めた。これに対し関口市長は「今期は除雪基本料金支払制度の効果があった。大雪・少雪の両方に対応するより良い制度にしたい。対象業者の考え方も含めて総合的に検討する必要がある」と答弁した。また、滝沢氏が県によって在り方見直しの方針が示された松代病院の今後について、市としての方針を示すよう求めたのに対し、関口市長は「すでに病床数が激減している信濃川筋の厳しい医療環境に対して配慮が不十分であり、松代病院は県立県営で存続されるべき」と述べた。
《本紙3月19日号1面記事より抜粋》

十日町新聞3月19日号は・・・・
▼〈津南町議会〉新保育園関連予算を賛成多数で可決 保育園1園化に前進、新年度実施設計へ
▼松之山地域が交通死亡事故ゼロ3000日を達成 偉業称え安協松之山支部に感謝状
▼文化スポーツ・金澤、上下水道・庭野氏 十日町市人事異動
▼地域振興課を2課に再編、農林に小島、観光に石沢氏 津南町人事異動
▼市が施設・事業の中止を延長、県も高校等の休業期間を延焼 新型コロナ
▼大震災の被災地に思いを馳せて 追悼セレモニー「忘れない」、一度は中止も有志で急きょ実施
▼県立高校で合格発表 コロナ騒動も体調万全で合格
▼休校の子ども達と保護者を支援 エフエムとおかまちが「おやすみラジオ」〔AR動画あり〕
▼インターハイ制覇の偉業を称え 十日町RCがクロカンの十高・坂井選手に激励費
▼私達の心の表現を観に来てほしい ねころんだ展、26日まで期間延長
▼猫好きターゲットの日本酒 苗場酒造が純米吟醸「猫場山」発売 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS