2021年 02月28日 (日曜日)

カテゴリー

« 越後妻有 雪花火 | メイン | ★ 今週のAR動画 ★ 十日町新聞1月21日号 »

『大地の芸術祭』の里越後妻有2021冬

 「『大地の芸術祭』の里越後妻有2021冬 SNOWART」が1月23日(土)から、3月14日(日)まで開催される。
 会期中は、キナーレとまつだい農舞台で「雪あそび博覧会」が開催される(農舞台会場は2月20日から3月7日までの土日)。昨年コロナ禍で中止となった「越後妻有雪花火」も、入場者数を制限して開催。雪とアートと雪見御膳を満喫するバスツアーも催行される(日帰り・1泊2日、越後湯沢駅発着)。
 また、今回は「雪原+野外アート巡り」と題し、「冬だからこそ」体験できる野外作品鑑賞を提案する。「光の館」、「最後の教室」も共通チケットで鑑賞できる。
 共通チケットは一般2千円、小中学生500円(未就学児無料)で、キナーレ、農舞台、越後妻有オンラインショップなどで販売中。一般パスポートには、妻有地域の飲食店・温泉で使えるクーポン(千円分)付き。詳しくは「大地の芸術祭の里」ホームページまたは同総合案内所(電話025―761―7767)へ。
 展覧会など主なイベントは次のとおり。
 ▼「雪遊び博覧会」=キナーレ、農舞台▼アンコール企画展「美人林物語〜里山の美しきブナの森の秘密〜」=「森の学校」キョロロ▼越後妻有雪花火/Gift for Frozen Village 2020=ベルナティオ(完全事前予約制・3月6日午後6時半)

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS