2024年 05月24日 (金曜日)

カテゴリー

« 職人探訪〜十日町きものGOTTAKU | メイン | 一堂に会して建設産業の安全を誓う 1100人参集し第41回建設産業安全大会 »

〈十日町市長選〉樋口明弘氏が立候補を表明 JR水力発電の地元還元求める意向

240418_01.jpg

 市内川治の千歳不動産代表・樋口明弘氏(76・土市2)がこのほど、来年4月の任期満了に伴う十日町市長選挙に出馬の意向を表明、11日にサンクロス十日町で記者会見を開いた。樋口氏は2013年、2017年の市長選に続き3度目の挑戦。来年6月に迫ったJR東日本の水利権更新に際し、電気代の地元還元による企業誘致促進、雇用創出を掲げる。また大地の芸術祭や地域おこし協力隊に反対の立場をとり、4期16年にわたる関口市政に真っ向から立ち向かう形だ。
〔写真:来年の市長選への立候補を表明した樋口氏(右)と登坂後援会長〕
《本紙4月18日号面記事より抜粋》

十日町新聞4月18日号は・・・・
▽十日町産地の底力を全国に発信 きものフェスタ、来年は節目の100周年記念に
▽特別賞は吉澤、青柳、はぶきに きものフェスタ審査結果
▼フリー金賞は大阪の横谷節子さん、新設の衣桁は岐阜市の藤井美紀子さん 第20回きものの街のキルト展
▼水田中干し延長で温室ガス削減 津南町、国のクレジット化制度利用し農家収入に
▼地域密着、ミッション型5人が着任 十日町市地域おこし協力隊委嘱状交付式
▼ITの知見をまちづくりに 津南町、初の地域活性化企業人が着任
▼豪雨・猛暑から河川環境守る対応を JR東日本発電取水総合対策市民協
▼売上届かずも応募は3倍に まるせん春の売り出し抽選会
▼生越清允さんが洋画で最優秀賞 アークベル県民アマチュア絵画展
▼水落桃花さんが全国総文祭へ 写真作品「祭男」で、十高写真部から2年連続
▼十日町クラブが準優勝、北信越へ 壮年ソフトボール大会県予選会
▼FC越後妻有が初戦飾る 北信越女子サッカーリーグ、北陸大に4-2で白星発信
▼オリエンテーリングで親睦深める 総合高1年生が愛着持とうと市街地散策
▼川治小で交通安全出会いの会 1年生には防犯ブザー配布
▼【きせつの窓】雪国の春を謳歌 市内各地で桜が満開
▼事務所荒らしで四日町新田の40代男性逮捕 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS