2021年 10月19日 (火曜日)

カテゴリー

« 〈インターハイクロカン〉十高、全国の頂点に!男子リレーが悲願の初優勝 | メイン | 〈第8回大地の芸術祭〉アートによる地域づくり・魅力発信を 施設大規模改修、新型コロナ対策の企画発表 »

一般会計は1.4%増の363億円、第8回大地の芸術祭や文化観光事業に注力 十日町市新年度予算

210225_01.jpg

 関口芳史市長は17日に記者会見を開き、十日町市の令和3年度当初予算案を発表した。一般会計は前年度比5億円増(1.4%増)の363億2千万円、国民健康保険特別会計(49億6800万円)や介護保険特別会計(77億1千万円)など特別会計を加えた総額は同比3060万円減(0.1%減)の499億860万円となった。前年度より一般会計が増えたのは2年連続。今夏に予定される第8回大地の芸術祭の開催や雪国文化の日本遺産認定などを活かした文化観光事業、令和4年度供用開始を目指す一般廃棄物最終処分場(松代海老)の建設、東京オリンピック・パラリンピックやアフターコロナを見据えた事業などを盛り込んだ。
(写真:新年度予算を発表する関口市長)
《本紙2月25日号1面記事より抜粋》

十日町新聞2月25日号は・・・・
▼過去最大1兆4074億円の県予算 コロナ感染症対策関連に2864億円
▼〈市長選〉関口市長は3月議会で出馬表明か 全員協では言及せず
▼審議会が第6次津南町総合振興計画を答申 基本理念は「希望と愛、参加できるまち」
▼情報や危機感を共有する場つくりを 小児周産期医療を守り隊が医師と子育て層のオンライン懇談会
▼日本郵便魚沼地区連絡会が贈呈式 2種類のフレーム切手を市に寄贈
▼コロナ禍の真冬の夜を華やかに 7日間かけて市内全域で「虹花火」〔AR動画あり〕
▼中里の「地元メシ」自宅で Team里ふく、飲食店団体がテイクアウト事業
▼県中学駅伝8位入賞の女子チームに 中条中学校大井田賞授賞式
▼地元の人が楽しめる場所に 雪あそび博覧会農舞台会場、「雪見御膳」も登場〔AR動画あり〕
▼素晴らしい織物を後世に 市博物館でマジョリカお召と黒絵羽織展
▼雪まつりを忘れないように 十日町商工会議所青年部が雪像制作
▼横断歩道の女児はねる 普通自動車運転の69歳男性逮捕 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS