2021年 08月05日 (木曜日)

カテゴリー

« 明石書道会「小さな、ちいさな展覧会—マージナルアートの世界」 | メイン | 信濃川・大河津分水写真コンテスト »

新型コロナ対策など新人5人含む13氏が一般質問 十日町市議会6月定例会

170316_01.jpg

 改選後初となる市議会の一般質問が先月21日から3日間にわたって行われ、新人議員5人を含む13氏が市政全般について関口芳史市長や就任したばかりの渡辺正範教育長の見解を質した。質問を行ったのは小林正夫、山口康司、富井春美、滝沢貞親、中林寛暁、星名大輔、根津年夫、宮沢幸子、滝沢繁、大嶋由紀子、鈴木祐一、嶋村真友子、水落静子氏で、新型コロナウイルス感染症対策、市役所職員の働き方改革、空家対策など多岐にわたる議論が繰り広げられた。
《本紙7月1日号1面記事より抜粋》

十日町新聞7月1日号は・・・・
▽池田克也技監を副市長に抜擢 村山潤氏退任、市議会は満場一致で同意
▽議会改革特別委員会を設置 十日町市議会、定数削減問題など協議
▽プレミアム商品券、リフォーム補助金など 十日町市が新型コロナ対策支援事業
▼〈県立高校再編計画〉松代高校に地域探求コース設置 十高松之山分校募集停止は変わらず
▼十日町市5万人、津南町9千人切る、5年前より約1割減 令和2年国勢調査速報
▼十日町商工会議所が通常議員総会 会頭褒賞を青柳、村尾両氏に贈る
▼議場に国旗掲揚を 津南町議会が請願を賛成多数で採択
▼第一生命が独自チラシで飲食店などを応援 営業先で紹介、銀行などに展示
▼世界ふしぎ発見が雪国越後を放映 富永愛さんが十日町市など取材
▼十日町で試合ができる喜び FC越後妻有がクロアチアピッチで初のホームゲーム
▼山岸芽生、近藤岬が順灯に制す、渡邊脩はハードルで2冠 北信越高校陸上選手権
▼アルティスタが12年ぶり北信越へ サッカーU-15県予選会で3位
▼多彩な作品が来館者を楽しませ 大井田絵画教室が第1回水彩画美術展
▼郡市内でクマ目撃続く 津南町では3日連続4頭
▼川西赤谷の白骨遺体は大阪府の40代男性と判明 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS