2021年 09月18日 (土曜日)

カテゴリー

« 【新型コロナ】十日町市で6人が感染 | メイン | 【新型コロナ】十日町市で3人が感染 »

津南町と世田谷区が連携協定 町内小水力発電の電力を売電、地域交流に期待

210826_01.jpg 210826_02.jpg

 津南町と東京都世田谷区は19日、自然エネルギー活用を通じた連携・協力協定を締結した。これは桑原悠町長が昨年12月から委員として参加している内閣府主催の国・地方脱炭素実現会議で、町内の豊富な自然エネルギーの活用を検討している旨の発言をしたことをうけ、世田谷区が津南町に連携を打診し実現したもの。協定は町内の小水力発電所で発電した電力の同区内施設への売電と地域交流を主な内容としている。同区は十日町市と長年の交流が続いており、津南町とも電力連携をきっかけとした地域間の交流が期待される。
(写真:オンラインで協定書を交わした桑原町長と保坂区長、売電が計画される雑水山第2発電所)
《本紙8月26日号1面記事より抜粋》

十日町新聞8月26日号は・・・・
▼十日町管内で集団感染2件 新型コロナ、屋内運動施設と飲食店関連で確認
▼〈お盆の観光入込み〉コロナと大雨のダブルパンチ 昨年上回る落ち込み、キャンプ場も苦戦
▼16〜64歳は10月末目処完了 関口市長がコロナワクチン接種計画を説明
▼コシヒカリは同額の1万6500円 JA十日町、今年産米の仮渡金が決まる
▼十日町JCが新事業を発表 小中学生に無料でオンラインスクールを
▼服部選手、感動をありがとう! 中里スポーツ後援会が懸垂幕を設置
▼市民挙げてテレビ観戦で応援を 東京パラリンピック、樋口政幸選手PV中止で呼びかけ
▼疫病退散!願掛け風鈴まつり 上野諏訪神社しちんち祭り中止も新しいアイデア盛り沢山
▼越後妻有国際メールアート展 3つのテーマ中心に世界をつなぐ
▼他校の作品に感心、刺激を受ける 魚沼地区の高校7校による美術・書道展
▼総合高生が2日間職場体験 十日町税務署でインターンシップ
▼西日本の強豪相手に奮戦19位に インターシティトリムカップでFC Artistaが など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS