2021年 10月16日 (土曜日)

カテゴリー

« 【新型コロナ】津南町の健康増進施設職員2人が感染 | メイン | 【新型コロナ】十日町市滞在の1人が感染 »

〈衆院選6区〉十日町・津南地域が勝敗を決する 梅谷守陣営が事務所開きで気勢

210916_01.jpg

 来たる衆議院選挙で新潟6区から立候補を予定している立憲民主党公認の新人・梅谷守氏の十日町地域選対事務所開きが13日、市内八幡田町の現地事務所で行われた。新潟6区は自民党の現職・高鳥修一氏が再選を目指しており、両氏の間で激しい前哨戦が繰り広げられている。立憲民主党本部、梅谷氏とも当落の鍵を握るのは十日町・津南地域と位置づけており、十日町地域が主戦場の様相を呈してきている。
(写真:頑張ろうコールを行う梅谷氏ら)
《本紙9月16日号1面記事より抜粋》

十日町新聞9月16日号は・・・・
▼〈市議会一般質問〉高齢化で自力での運営が困難は30集落 コロナ、学区再編、雪まつりで論戦
▼〈町議会一般質問〉集団感染児童のケア、学校の対策は 入札不落の保育園工事は設計見直し等検討
▼学校や避難所に抗原検査キット 津南町コロナ対策、学校・保育園のPCR検査体制強化
▼地域担う医師育てる 県が医学部「地域枠」拡充方針
▼最高齢は107歳の女性2人 敬老の日、郡市内の100歳以上は大幅増の116人
▼津南町で2人が新型コロナ感染 ワクチン2回接種済み、クアハウスは休館 
▼雇用管理・公正採用を呼びかけ ハローワーク十日町、就職シーズン迎え研修会開催
▼森林保全考えるアロマ ベルナティオ・ポポラ、当間オリジナルで間伐材等活用
▼自動計測化に向け装置改善 JR東日本が宮中取水ダム魚道で遡上調査
▼〈発明工夫模型展〉市長賞に庭野空、山田優花 町長賞は丸山心暖、鈴木愛琉
▼村尾電気が県消防表彰 市町との間で災害応急活動
▼桃源郷に魅せられ女性が移住 枯木又集落、地元住民が歓迎会を催す 
▼伝統料理を次世代に伝えたい JA十日町食育サポーターがおはぎを伝授
▽【紙上作品展】アフターコロナの時代を見据え 小坂幸平フォトギャラリー など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS