2022年 05月28日 (土曜日)

カテゴリー

« 【新型コロナ】十日町市12人、津南町2人が感染 | メイン | 【新型コロナ】十日町市で28人が感染 »

〈県知事選〉片桐奈保美氏が反原発旗印に出馬を表明 再選目指す花角知事と一騎打ちの様相に

220324_01.jpg

 5月12日告示、29日投開票の県知事選挙に新潟市西区の会社役員・片桐奈保美氏(72)が立候補することになり、17日、新潟市のホテル・オークラで記者会見が行われた。片桐氏は脱原発を訴える「新しいリーダーを誕生させる会」の代表で、無所属で立候補する。県知事選挙には現職の花角英世知事が2期目に出馬することを表明しており、今のところ片桐氏との間で一騎打ちの様相となっている。片桐氏は柏崎刈羽原発再稼働に強い反発を示しており、今度の知事選は原発再稼働が争点となりそうだ。
(写真:記者会見で知事選出馬を表明する片桐氏)
《本紙3月24日号1面記事より抜粋》

十日町新聞3月24日号は・・・・
▼町議会がDMO関連予算を削除した修正案を可決 津南町新年度予算
▼来季営業中止、5年度は未定 なかさと清津スキー場、地元からは憤りと不安の声
▼市水道料金は2段階で4割値上げ 市議会可決、6月と令和6年に
▼十日町道路は来月24日に杭打式 自民党十日町支部定期大会、水落参院議員が再出馬経緯を説明
▼会計管理者に村山詳吾氏、総務課長に鈴木正人氏 津南町人事異動
▼消防長に服部勝志次長が昇格 十日町地域広域事務組合人事異動
▼ウクライナ侵攻にNO 十日町市、津南町議会が撤退や平和的解決求め決議
▼五輪出場の宮沢大志引退へ ブログで競技人生に別れを綴る
▼食味コンクール受賞の自信作を販売 鐙島小5年生、チャレンジ米で米作りの大切さ学ぶ
▼廃材利用アートを制作 芸術祭作家と芦ヶ崎小児童がワークショップ
▼大学と地域の関わり繋ぐ まつだい早稲田じょんのびクラブが松代小でオンライン交流会
▼企業で集団感染 新型コロナ、病院や学校でも など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS