2022年 12月04日 (日曜日)

カテゴリー

« 商店街に交流、テレワーク拠点誕生 津南町まちなかオープンスペースだんだん開所 | メイン | だんだんテラスコンサート »

掲げた政策を目に見える形にする 小山大志県議が県政報告会で次期県議選出馬を表明

221013_01.jpg

 平成31年の県議選で初当選し1期目を務めている小山大志県議の県政報告会が8日、ラポート十日町で開かれた。報告会には高鳥修一代議士、花角英世知事ら来賓のほか、地域の振興会や経済団体の代表、後援会関係者など約200人が参集。県政報告の中で小山氏は来年4月に予定される次期県議選について「私が当初掲げた政策はまだ皆さんの目に届く形にはなっていないと思っている。次の任期も勝負をさせてもらい、この地域の発展のために尽力しなければいけない。まだまだ道半ばだが、しっかり学ばせてもらい、皆さんの役に立つことを約束する」と2選への決意を語り、自由民主党公認候補として立候補する考えを示した。
(写真:県政報告を行う小山県議)
《本紙10月13日号1面記事より抜粋》

十日町新聞10月13日号は・・・・
▼カーボン電池の原料生産の産地に 上野の無煙薪炭窯で火入れ式
▼人手、担い手不足など課題訴え 花角知事と若手経営者が座談会
▼十日町市がワクチン接種計画を発表 3、4回目でオミクロン対応
▼高齢者事故多し、反射材着用を 交通安全大会に460人参集、交通安全誓う
▼水力発電80年の歴史を直に JR宮中ダム・千手発電所見学会、更新中の最新発電機も見学
▼魅力ある新・返礼品を とおかまち逸品会が「ふるさと返礼逸品事業」発表会
▼議員定数削減の方針 津南町議会、来月4日の全員協で正式発表
▼〈国体相撲団体〉村山大洋(下条出身)擁する新潟が5連覇 福原忠之監督就任以来負けなし
▼河岸段丘を背に疾走 津南町駅伝大会、18チームが熱戦繰り広げる
▼体で歌える愛唱歌を 音楽家・蓮沼執太氏が十日町小で講演
▼1年間住んだ妻有を撮影し 熊木理さんが段十ろうで写真展
▼バロック音楽で聴衆を魅了 樋口由佳里さんがコンサート
▼優秀賞に長谷川真子、水落貫太さんら 郡市児童生徒科学研究発表会
▼2.4時間に短縮して3年ぶりに開催 松代ロ・マン24時間耐久レース
▼パラスポーツ体験会に50人が参加 東京パラ銀メダルの宮島徹也選手をゲストに
▼【中学駅伝展望】ライバルの自分自身に負けない走りを 下条中学校 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS