2024年 06月23日 (日曜日)

カテゴリー

« 〈県議選〉より強い野党共闘で悲願の議席獲得を 藤ノ木浩子氏が支持拡大狙い無所属出馬を表明 | メイン | 一般会計は4.3%増の73億円、「5つの特徴」で生活支援・魅力発信 津南町新年度予算 »

明石の湯廃止・改修に賛否二分 十日町地域振興連合会が市に意見

230209_01.jpg

 十日町市がキナーレ明石の湯を閉館し現代美術館に改修する方針を示している問題で、市から意見を求められていた地元の地域自治組織・十日町地域振興連合会(庭野政義会長)では構成する7地区振興会で意見が賛否に二分、市に対しては先月26日付けで「明石の湯の廃止については議会の議決に付託する」と回答した。一方、市は2日、市議会産業建設常任委員会から出されていた質問に答え、これまで温泉施設の赤字補填等として年間約4千万円かかっていた指定管理委託料を改修後は美術館収入等によりゼロにすることができるなどの見通しを示し、閉館・改修方針に理解を求めた。
(写真:市議会産建委で議員の質問に答える渡辺部長ら)
《本紙2月9日号1面記事より抜粋》

十日町新聞2月9日号は・・・・
▼津南町が民間複業アドバイザー3人を登用 ふるさと納税、人事評価制度設計など助言
▼里山プロジェクトに総務大臣賞 ふるさとづくり大賞、協力隊支援の功績認められ
▼文部科学大臣賞を受賞 下条エコメディア協議会が
▼雪がつなぐ交流30周年 世田谷区と十日町市、世田谷子どもまつりで記念式典
▼外丸集学校がプレオープン 津南町・リングロー、廃校校舎を活用しIT無料相談など
▼十日町縣信会が総会と新年会開催 役員改選で高橋俊之氏が新会長に就任
▼東横綱・長野山、西・北天佑介 けんしん大相撲初場所、長野電設親子が揃って土俵入り
▼事故風化させず安全への努力を 踏切事故から12年、JR東日本深澤社長らが慰霊
▼雪国文化、世界に発信 インフルエンサーが十日町の冬を体験
▼児玉美希がクラシカル優勝 クロカン全日本選手権、悪条件味方につけホームで栄冠
▼近郊の児童130人が熱戦展開 上石巌記念クロカンスキー大会
▽〈フォトギャラリー熱戦譜〉注目のリレーは男子・川治、女子・鐙島が制す 市小学校親善スキー大会
▼ふれあいの丘児童が一致団結 十日町LCが3年ぶりに鬼退治の豆まき
▼1位は沖立光会など3チームに いきいきクラブチャレンジ100
▼児童扶養手当89万円を誤支給 津南町が発表 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS