2024年 06月24日 (月曜日)

カテゴリー

« 市内製造の生菓子を食べ58人が食中毒 | メイン | 明石の湯廃止・改修に賛否二分 十日町地域振興連合会が市に意見 »

〈県議選〉より強い野党共闘で悲願の議席獲得を 藤ノ木浩子氏が支持拡大狙い無所属出馬を表明

230202_01.jpg

 来月31日告示、4月9日投票の新潟県議会議員選挙に立候補を表明している藤ノ木浩子氏と日本共産党十日町市委員会などは30日、段十ろうで記者会見を開き、立憲民主党や社会民主党の地区代表らも立ち会う中、同選挙では野党統一候補として無所属で立候補することを表明した。初出馬となった前回選では共産党公認候補として戦った藤ノ木氏。共産党系候補が無所属で野党統一候補となるのは異例で、県議選では例がない。今回は政党色を薄めることで野党系や無党派層などの支持を広く集め、悲願である十日町市中魚沼郡選挙区(定数2)での野党系候補の議席獲得を目指す考えだ。同選挙区には藤ノ木氏のほか現職の尾身孝昭氏(69)、小山大志氏(45)が自民党公認候補として立候補する予定で、3氏による三つ巴の戦いとなる公算が大きい。
(写真:共産党公認でなく無所属での立候補を表明する藤ノ木氏・右)
《本紙2月2日号1面記事より抜粋》

十日町新聞2月2日号は・・・・
▼「やり方が乱暴」市に不信感 明石の湯閉鎖問題で1期目市議が振興会役員と意見交換
▼大好きな野球を続けるために改革を 大渕隆日ハムスカウト部長が講演
▼〈全国JA広報大賞〉JA十日町が総合部門で準大賞 広報誌、HP、SNS等に高い評価
▼世界一レストランに「十日町のサルナシ」 (株)藍匠、産地では今秋に全国サミット、GI登録も
▼高橋多一郎さんに緑十字金章、高橋清一郎さんに銀章 多年の貢献で交通栄誉章
▼27年間民生・児童委員を務め全国表彰 功労者として土市第5の高野恒善氏に
▼現代アートで雪の魅力を再考 大地の芸術祭の里2023冬、MonETと農舞台で企画展
▼「農ある女子は、夢隠さず!」 県ふるさとCM大賞、FC越後妻有出演の市CMが完成
▼おいしさを多くの人に伝えたい 中条小5年生が自ら栽培のお米を販売
▼伝統の寒稽古で心身を鍛える 十日町剣友会、級位審査で全員昇級の成果も
▼268点からグランプリ決定 桂公園Webフォトコン、子育て家族に賞金総額約20万円
▼管内4福祉団体に15万円寄贈 労金十日町支店推進委「あんしんスマイルプロジェクト」
▼市博物館で消防訓練実施 重要な鑑賞者誘導訓練など
▼生菓子食べ58人が食中毒 複数人からノロウィルス検出
▼ドラックストアから医薬品など23万円分を万引き ベトナム国籍の男性逮捕 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS