2024年 07月21日 (日曜日)

カテゴリー

« 〈明石の湯廃止問題〉継続審査を本会議で可決 十日町市議会、賛成12反対11の僅差で | メイン | <県議選・十日町市中魚沼郡> 十日町市・津南町開票結果 »

〈県議選〉生き残りかけ激しい選挙戦 小山、尾身、藤ノ木の3氏が立候補

230406_01.jpg

 新潟県議会選挙は先月31日に告示され、十日町市・津南町選挙区は届け出順に自民現職の小山大志氏、同じく自民現職の尾身孝昭氏、無所属新人の藤ノ木浩子氏の3氏が立候補し、9日の投票に向けて9日間の激しい選挙戦を展開している。尾身氏が8期目、小山氏は2期目を目指すのに対し、共産新人で挑んだ前回に続いて2回目の挑戦となる藤ノ木氏は、今回、野党共闘により無所属で立候補。県内11の2人区のうち、唯一議席を独占している自民が2議席を確保するか、それとも野党陣営が悲願の議席を獲得するかが注目されている。
(写真左から:第一声をあげる小山、尾身、藤ノ木の3氏)
《本紙4月6日号1面記事より抜粋》

十日町新聞4月6日号は・・・・
▼〈明石の湯問題〉関口市長が市議会産建委で異例の説明 明石の湯は限定営業で当面継続、継続審査は5月の臨時会までに判断へ
▼婚活支援で十日町市と小千谷市が連携 両市会員のマッチングやイベントなど展開
▼コロナ対策の医師会などに感謝状 十日町市褒章、産業振興の徳永敏朗氏ら18人に授与
▼農山村から地方創生を考える まちづくりフォーラム、移住者がパネルディスカッション
▼びっくり行燈の観光タクシー 森宮交通ら協会加盟社がサミット
▼糸魚川のあんこうの吊るし切りを披露 大野屋重機建設、重野専務の青年会議所繋がりで実現
▼コロナ時代の経験を糧に きものブレインで入社式、大卒・専門卒7人が入社
▼シーズン開幕で「地面出し」 FC越後妻有が地元住民らとグラウンドを除雪
▼双六やクイズで日本の自然を学ぶ 中等卒業生の森の三方よしが津南の森教室開催
▼ゆでたまごが初出場で3位に 日本ユニバーサルボッチャ選手権大会
▼特殊詐欺防止で感謝状 セブインイレブン津南正面店の大口陽向さんに
▼市職員騙り還付金詐欺 60代女性が8万5千円騙し取られる
▽【県議選・寄稿特集】「私は支持します」 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS