2024年 07月21日 (日曜日)

カテゴリー

« 地域経済が厳しい中、会員は微増 十日町商工会議所が令和5年度議員総会 | メイン | 十二峠新トンネルの早期開削を 地元で期成同盟会、国県などに要望 »

医・福・介護連携で包括ケア推進 妻有地域メディカル&ケアネットワーク設立

230713_01.jpg

 妻有地域における医療・介護関係機関の連携を推進する「一般社団法人 妻有地域メディカル&ケアネットワーク」が3日、設立され、7日には市医療福祉総合センターで設立会見が開かれた。同法人は「保健・医療・福祉及び行政の各主体が一体となって、切れ目のない適切な地域包括ケアシステムを構築することを通じて、持続可能な地域づくりを進めるとともに、魚沼医療圏域の保健医療福祉の充実に寄与する」ことを目的に設立。(一社)十日町市中魚沼郡医師会、妻有地域包括ケア研究会、新潟大学十日町いきいきエイジング講座の3組織が中心となり運営される。
(写真:設立会見で法人の説明をする上村代表理事・左)
《本紙7月13日号面記事より抜粋》

十日町新聞7月13日号は・・・・
▼普通運賃・通勤定期20%、通学定期10%値上げへ 北越急行、令和4年度決算は5億円の赤字
▼さらなる友好関係の深化を 十日町市・クロアチア交流20周年記念し夕食会とコンサート
▼十高に進学重視コース 8年度から設置予定、県高校等再編整備計画
▼ドローンを使い地域活性化 津南原地区に地域おこし協力隊・山本眞幸さん赴任
▼更生保護、犯罪について考える 社会を明るくする運動、保護司会が津南中で出前授業
▼岸田総理からのメッセージを伝達 十日町・津南地区保護司会が市長に
▼松乃井を呑んで街の活性化を 川西料飲店組合とかわにし松乃井会が楽しむ会
▼防犯機能つき電話機20台を寄贈 建設業協会十日町支部が十日町警察署に
▼「七夕そうめん」プレゼント 玉垣製麺所が市内保育園・幼稚園に500袋
▼十日町タクシーが金賞を受賞 安全運転事業所表彰
▼生徒の「中里愛」に期待を寄せて 中里商工会青年部が中里中生徒に職業体験
▼最高峰の全日本大会に向けて弾み 妻有一輪車協会のメンバーが千葉の2大会で活躍
▼石渡決めた!「みんなに感謝」 FC越後妻有、ホームで富山レディースを零封
▼十日町市の佐藤正選手権が優勝 第17回十日町市長杯射撃大会
▼課題があってステップアップできる 元プロ野球の牧田和久さんが少年野球教室
▼地域みんなで育てる「花絵」 上野小、9月の完成目指し移植作業
▼基準値を超えるダイオキシン類検出 海老最終処分場の観測井戸、市が再測定へ など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS